断酒3日目:まだ結構苦しい状態

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~

今日で断酒、3日目となります。
でも、まだ離脱症状で苦しんでいる状態です。

今までは、初期離脱が終わるのがだいだい3日。
でも、今回は今日では終わらないようです。

これが、アルコール依存症が進行性の病気である
という証なのでしょう。

段々、再飲酒するごとに体の状態は悪くなる。
そこが、非常に怖いところでもあります。

私は膵炎を4回発症しており、現在膵臓機能は
ほとんど動いていません。

なので、重度の糖尿病になっています。

断酒をし始めた時に糖尿病だと辛いのですね。
何故なら、断酒初期は甘いものが欲しくなるからです。
でも、糖尿病なので甘いものは控えなければいけない。
そこのジレンマがストレスにも発展するのです。

しかし、辛いと言っても自分が犯した過ちです。
そのことを十分にわからないといけません。

アルコール依存症は病気ではあるが、自己責任の
ところも多い。

だから、きちんと毎日断酒に向き合い自分を戒めないと
いけません。

今日もそういうふうな1日にしたいと思います。
あまり自分を責めずに、かつ断酒とは常に向き合っている。
それが理想なのでしょうね。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

今回は以上です。閲覧ありがとうございました。

断酒2日目:結構離脱が苦しい

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


断酒2日目。結構離脱症状が苦しいです。

発汗が半端なく、気持ち悪さも尋常ではありません。

こんな状態になるのなら、酒なんて飲まない方がいいです。

そうは言っていても、体が楽になると酒の飲酒欲求が出てきます。

ほんと難儀な病気です。

しかし、今回は2度と飲まないように意気込んでいます。

それは、今回の再飲酒の後がみっともなかったからです。

病院に運ばれ、両方の腕から点滴を受け、
小便ができないから男性の看護士にし尿ビンをされる始末。

もう、あんなみっともないことはしたくありません。

断酒はアルコール依存症者にとって必須なことです。

もし、それをしなかったら最終的に死んでしまうでしょう。

酒飲んで死ぬことだけは避けたい。

だから、きちんと断酒と向き合い、今度は再飲酒しないようにしよう。
そう思っています。



にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

今回は以上です。閲覧ありがとうございました。

断酒2日目:新しい自分を構築しよう

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


一番辛い日。断酒1日目が過ぎました。

離脱症状でどうしょうもない1日。
その日がやっと過ぎたのであります。

ただ、今回離脱症状を起こしたのは、
私が再飲酒してしまったからです。

誰も悪くない。自分の意思で飲んだのです。

断酒を失敗したことは、断酒のことを忘れてしまったこと。
だから、戒めのためにもしばらく毎日更新を
しなければならない。そう思っています。

再飲酒するということは、自分の身を破綻させること。
今は妻も居てますが、これが続くと去っていってしまうでしょう。

そういうことにならないよう、しっかり断酒と向き合って
2度と飲むことがないようにしなければいけません。

飲まない生き方を構築する。
どうしていくかは日々考えないと答えは見えませんが、
真摯にアルコール依存症と向き合い、1日断酒で頑張っていこうと
思います。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村


今回も閲覧いただき、ありがとうございました。

断酒1日目:飲んでしまいました

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~

ついに、禁断の酒に手を出してしまいました。
再飲酒です。

今回は断酒というものから離れてしまったことによります。
ほんと馬鹿な男です。

これからは断酒と共に生き、決して断酒のことを忘れない。
そうしていこうと思います。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

断酒127日目:酒を飲まないで普通の生活をする

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今日は、断酒を開始してから127日目になります。

ようやく4ヶ月が経ちました。

飲酒欲求自体はあまりわかないですが、
まだたまに飲みたいという願望が出る場合があります。

でも、飲んでしまったら終わりなのです。

もはや、再飲酒は死に直結します。

まだ私は、死ぬわけにはいかないのです。


酒を飲まないで普通の生活をする。

アルコール依存症者にとっては、それが一番の幸せです。

酒さえ飲まなければなんでもできます。

車の運転もできます。
趣味のゴルフだってできます。
旅行にだっていけます。

たった1回きりの人生を、酒で棒にふりたくはありません。


飲まないで生きるか。飲んで死ぬか。

私の選択はその二つです。

もちろん飲まないで生きる方を選びます。

まだまだ生きたいのです。

そして、人生を楽しみたいのです。

過去やってきたことを振り返っても仕方ありません。

できるのは、今日1日飲まないこと。

そのことを毎日続けていきたいと思います。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

断酒102日目:死の苦しさは1回だけでいい

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今日は、断酒開始102日目となります。

やっと、100日を超えました。

今の状況としては、飲酒欲求はほとんどなく、
たまに飲みたい衝動はありますがすぐに収まるという感じです。


私が現在飲まないでいるのは、最後の再飲酒があまりにも
ひどかったからです。

再飲酒して5日目には血を吐いて病院に運ばれました。

もうその時は廃人同然で、自分がどうなってるのかさえ
自覚できない状態でした。

ただ、夜勤の先生が私の主治医だったことが幸いして、
かなりの手厚い処置をして頂いた結果、
なんとか6本目の点滴でだいぶ良い状態になりました。

しかし、

私はここでこう思いました。

『私はもう酒を飲めない体なんだ』

『これ以上酒を飲んだら死んでしまう』

と。


ようやく、死の恐怖の強さが飲酒欲求の強さに勝った。

そう今は感じています。

私自身、死ぬことへの恐怖心というのはないのですが、
酒飲んで苦しみながら死ぬことへの怖さは非常にあります。

病気で死ぬのは寿命ですが、酒飲んで死ぬというのは
ある意味自己責任の範囲です。

さらに、自分で酒を飲んで死ぬということは自殺と同じことになります。

そういう死に方はやはりしたくないです。

どんな病気でも死ぬ時は苦しいのでしょうが、
それは人生で1回でいい。

死ぬような苦しさを何回も繰り返すことはない。

私はそう思っています。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

断酒95日目:今生きていられることの幸せ

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今日は、断酒開始95日目になります。


アルコール依存症も初期で節酒がまだできるようであれば
いいですが、飲むと連続飲酒になるというとこまで進行したら
結構ヤバいです。

私は飲むと連続飲酒状態になりますし、節酒ができませんので、
1滴も酒を飲むことはできません。

最後に飲んだあの連続飲酒。

非常にひどいものでした。

飲んで4日目にはもはや廃人となり、
自分がなにをしているのかわからない状態。

そして、5日目にはどうにもならなくて病院に行き、
もう急性膵炎か?というくらいの腹痛を味わいました。


あれから95日。

今、酒を飲んでいない状態で1日1日を無事に過ごせています。

自分の趣味であるゴルフもでき、素面で毎日を送ることができる。

こんな素晴らしいことはありません。

アルコール依存症は進行性の病気です。

再飲酒を続けていくと病状は段々ひどくなり、
精神はおろか内臓がダメになってしまいます。

当然寿命も短くなって短命になります。

しかし、どんなに寿命が短くなっても、今生きているという事実は
変わりません。

今生きれる幸せを噛みしめ、今日も1日断酒継続に励みたいと思います。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。