朝酒は連続飲酒の始まり

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


『連続飲酒』

この意味を、現在アルコール依存症の方でも知らない方が
多いです。

というのは、アルコール依存症には段階があり、連続飲酒を
するようになるのは末期の状態であるからです。

ならば、連続飲酒とは、

「寝ている時以外はずっと酒を飲み続ける状態」

のことを言います。

つまり、

酒を呑む⇒眠る⇒起きる⇒酒を呑む

のように酒を呑み続けるのであります。


現在初期のアルコール依存症の方では、夜は大酒を飲んでも
次の朝は仕事に行くことができます。

つまり、

・大酒を飲んでも仕事に支障がない
・夜しか飲まない

だから私はアルコール依存症ではない、と思ってしまうのです。

しかしです。

アルコール依存症は進行性の病気です。
その状態をずっと続けていくと、夜以外でも酒を呑みたくなります。

・朝ちょっと気分がすぐれないので気付に一杯ひっかける
・昨夜の酒が残っているため迎い酒をする

こうなってくるととても危険な状態になります。

しかし、それでも仕事がある場合はまだいいです。
でも、人生は前途多難。いつなにが起きて失業するかわかりません。

アルコール依存症の進行が進んでいる場合、この失業が原因で
一気に病状が悪くなることがあるのです。

失業したらやることがありません。
なので、昼から酒を呑むということが始まります。

しかし、段々その状態を続けていくとそれでは物足りなくなってきます。

そして、一番怖い朝酒が始まってしまうのです。

もうここまできたら、冒頭に話した連続飲酒になるのは必然となります。

1回連続飲酒の状態を経験すると、ほぼ全員のアルコール依存症の方が
節酒ができなくなります。

なので、連続飲酒になった方は断酒するしか方法がないのです。

そのまま呑み続けたら内臓を壊し、命を落とす危険も出てきます。
でも、内臓を壊してからでは遅いのですね。

ですから、朝酒が始まったと思ったならもう断酒すべきなのです。


『朝酒は連続飲酒の始まり』

ですので、十分注意していただきたく存じます。


私の方ですが、今日も飲酒欲求もなく呑まずに過ごせました。
1日断酒できたことを感謝したいと思います。

明日も変わらず断酒を継続していこうと思っています。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

"朝酒は連続飲酒の始まり" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント