酒は人格を変え、人生を狂わせる。

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


自分が再飲酒した時を振り返ると、一つのことが言える
と思います。

それは、

『人格が変わる』

のです。

非常に凶暴性が高くなり、非常識的な行動をいとも簡単に
行ってします。

それもこれも、アルコールによって脳がいかれているから
だと思います。

実際のところ酔った時の人格は自分ではないと思っている
のですが、他人はそう判断しません。

『あぁ、あの人の本性はああなのね』

そう思われることになります。

アルコールは合法の麻薬です。
そして、飲み続けると体の臓器も悪くなってきます。

でも、そんな麻薬がいとも簡単にコンビニで購入できるのですね。
非常に怖い話です。

『自分の人生を狂わせたくはない』

そう思っている私は、絶対に酒に手を出さないようにしようと
考えています。

私は飲むと連続飲酒になりますのでアルコール依存症末期だと
思います。

でも、まだそこまでいかない方。

そして、隠れ酒や朝酒をやっている方は、もう危険だと思った方が
いいでしょう。

私にもそういう時期がありました。

・仕事中にコンビニに走り、缶酎ハイを買って飲む。
・朝仕事に出るのが調子悪いということで、一杯ひっかっける。

今思うと、もうその時期はアルコール依存症初期~中期であったと
思います。

その頃に戻りたいと思いますが、もうそれは無理なのです。
アルコール依存症のステージを上がると、元戻りはできません。

だから、今連続飲酒にならずに節酒できる方は、本当に酒量に
気を付けて酒と付き合う必要があります。

外で飲んでいる時になにか事件まがいのことを振る舞う。
しかし、その時のことは素面になった時覚えていない。

そういうことがあった時は注意サインです。

もはやイエローカードをもらったと思い、酒との付き合い方を
変えるべきです。

そうしないと、

『酒で人生を狂わす』

そういうことになってしまいます。


今日で断酒開始9日目です。

ストレスには気を付け、抗酒剤をきちんと服用しながら
素面で過ごそうと思っています。



にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

この記事へのコメント

美女美女
2017年03月20日 00:28
世間はアルコール依存性の言葉は知っていても、中々本来のアルコール依存性がどんなものであるかということは知りません。したがってアルコール依存性の人がお酒を飲んで何か跳んでも無いことをしてしまっても判らないでいます。回りは冷たいです。少しでも早くアルコール依存性の方又は予備軍の方は気を付けていただきたいですね。
RE:美女美女さんへ
2017年03月21日 09:55
美女美女さん、おはようございます。

世間のアルコール依存症者に対する理解は、ほとんどありません。酒ばかり飲んでダメな人間だ、というのが本音の部分でしょう。

今の日本では、そこのところが変わることはないでしょう。なので、アルコール依存症者は自らで回復していくしかありません。それが現実なのです。

今酒で苦しまれている方は、是非とも断酒してほしいですね。そうすれば、人生は変わります。

コメントありがとうございました。

この記事へのトラックバック