自分の体は自分で守らなければいけない。

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


現在は、酒害に苦しむ方が断酒をしにくい時代に
なったと思います。

だって、24時間コンビニにいけば、いつでも酒を
買えるのですから。

さらにアルコール依存症者の辛いところは、
酒は合法であるということ。
つまり、いくら飲んでも罰せられないわけです。

アルコール健康障害対策基本法などができました。
確かになにかはやっているようですが、酒に関係する
業界の多さから、本当の意味で酒害の啓蒙など
できないのが現実でしょう。

また夜6時を超えると、TVでも酒のCMがバンバン
流れます。あたかも、飲酒という行為が素晴らしいものだ
と言わんばかりです。

こんな時代ですから、アルコール依存症者が増えるのも
当然かと思います。


しかし、こういう時代だからこそ、「自分の体は自分で
守らなければいけない」と思います。

酒を飲み続け、酒量も段々増えてくると、飲酒行為が
どれほど危険なことかわかり始めることでしょう。

しかし、一度アルコールに依存した体は、なかなか
酒を止めることはできません。

どうしても酒が飲みたくなってしまうのです。

でも、飲酒行為が非常に悪いことだと早く気付かないと
いけません。

そして、早めに酒との縁を切ることが重要です。


酒を飲み続け、普通の生活が成り立たなくなった方が
たくさんおられると思います。

酒がないとまともに生活できなく、仕事場でも隠れ酒を
する方も多いでしょう。

もうそうなったら、断酒をするしか生き残る道はありません。

そうです。自己責任のもと自分で自分の体を守っていかねば
いけないのです。

酒など止めたほうがいいです。酒を飲んでもなんのメリットも
ありません。

そして、昔の普通の生活を取り戻しましょう。

『酒さえ止めればなんとかなります』

かく言う私も同じですが、ご一緒に酒のないいい生活を
送ろうではないですか。

『酒なんかで、自分の人生を台無しにされてたまるか!』

そういう気持ちをもって、断酒生活をコツコツと積み上げていきましょう。


今日も1日断酒です。

素面で酒を飲まない1日を過ごしたいと思います。



応援いただければ嬉しい限りです。
こちらをポチっと押してください。


にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

yamadagaga
2016年05月23日 20:37
今晩は。
 日本ほど、無節操野放しに酒が放置されている国はないそうです。 
我々の時代では、酒が適正に規制されることはまず実現できないでしょう。
我が身は自分で守るしかありません。
 お互い、気負いなく断酒が継続できていきますよう。
RE:yamadagagaさんへ
2016年05月23日 20:52
yamadagagaさん、こんばんは。

イギリスなどでは、エリザベス女王自らが酒の害について警告するスピーチがなされてます。それを考えると、日本で酒による害を、メディアが取り上げることはまずありません。おっしゃられるように、ほんと野放しの状態だと思います。

でも、今の日本で酒が適正に規制されることを望む方がおかしいのかもしれません。そんなことを政府がすると、とんでもない反発を食らうことでしょうから。

自分の体は自分で守るしかないですね。気負いなく断酒を続けていきます。

コメントありがとうございました。
ヒロシ
2016年05月27日 08:32
何もかも自己責任ですよね。
信用も健康も日々の断酒の我慢も。

ところでシアナマイドは一回どのくらいのmlを飲まれているのでしょうか?
それを飲むと「今日も一日飲めないぞ」という気持ちになるのでしょうか?

よろしくお願いします。
RE:ヒロシさんへ
2016年05月27日 08:42
ヒロシさん、おはようございます。

そうですね。飲むのも断酒するのも、どちらも自己責任だと思います。

シアナマイドですが、私は毎朝1回7mlを飲んでいます。抗酒剤自体は、飲酒欲求を消す効果はありません。しかし、服用することにより、「再飲酒しないぞ!」という覚悟が気持ちに芽生えるのです。

抗酒剤は、アル症を診てくれる病院なら処方してもらえると思います。ただ劇薬ですので、副作用が出て服用できないという方も多くおられますね。

コメントありがとうございました。

この記事へのトラックバック