アクセスカウンタ

断酒継続日記

プロフィール

ブログ名
断酒継続日記
ブログ紹介
ブログ用ニックネーム:テツ
性別:男
病名:アルコール依存症、糖尿病、膵臓疾患

zoom RSS

抗酒剤は魔法の断酒薬ではありません

2018/05/21 18:08
〜今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます〜


抗酒剤(シアナマイド)は、私も毎日服用しています。

しかし、今朝服用するのを忘れて仕事に出掛けて
しまったのです。

まずい。

そう思いましたが、実際の私の経験からすると、
抗酒剤を服用していたとしても「飲みたい」という
気持ちが出ると飲んでしまうということです。

でも、それでも抗酒剤を服用するメリットはあります。

それは、服用した時に「今日は飲まないぞ!」という
覚悟ができるということです。

だから私は、毎日抗酒剤を服用しています。

しかし、

抗酒剤は断酒の魔法薬ではありません。

冒頭にも書きましたが、アル症の人間が本当に飲みたい
と思ったら、抗酒剤を服用していても飲んでしまうからです。

そのために、抗酒剤を服用しながらも再飲酒は絶対しない。
という強い信念を持つことが大事だと思っています。


今日は、断酒3日目です。
でも、なんとか1日断酒を守って今日が終われそうであります。

そのことに感謝しつつも、明日も飲まないぞ!という決意を
強く思っているところであります。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


もう、再飲酒はしない

2018/05/21 01:00
〜今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます〜

再飲酒。
とても怖いことです。

私は節酒ができなくて連続飲酒になるので、
再飲酒は命取りと言ってもいいのであります。

断酒には非常に気を付けているのですが、
どうしてもストレスが溜まったり鬱になったりすると
その欲求に負けてしまします。

どうして私は、ここまで意志が弱いのでしょう。

もう絶対に酒を飲まない。
と決めているのに酒の誘惑に負けてしまう。

私の体ももう結構限界に来ています。
脳萎縮も結構進んでいることでしょう。

もう再飲酒は絶対にしてはいけない。
今はそう強く決めています。

今度こそは絶対に飲酒欲求に負けない。

この気持ちを忘れてはいけないのでしょう。

自分の生き方も変える必要があります。

私は結構な完璧主義で自分を追いつめてしまうところが
あります。

そして、「こうでなければいけない」とか、「こうあるべきだ」
と自分を追い込んでしまうことが多いです。

まずは、その部分を改善し、自分を追い込まないこと。
そして、ストレスを溜めないこと。

その変革が必要なのだと思います。

もう、再飲酒するのは嫌です。
これ以上行ってしまうと、本当に死んでしまいます。

まずは1日断酒を忘れずに、1日1日断酒を継続していく。
そうしていこうと思います。

今日も酒を飲みません。1日断酒で今日1日を乗り越えよう。
そう考えている次第です。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


断酒ブログを再開します

2018/05/20 15:57
〜今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます〜


私は、恥ずかしながら再飲酒をしてしまいました。

鬱がとても長くひどく続いたので、その苦しさに
負けてしまったという感じです。

今日は酒を止めてから2日目です。

まだ、離脱症状に苦しんでいます。

何故、再飲酒をしてしまうのか?
そのことを考えましたが、やはりこの断酒ブログが
必要なんだということがわかりました。

常に断酒のことを忘れない。
その気持ちが大切なのだろうと思います。

断酒の辛さは、嫌っていうほどわかっています。

しかし、どうしても酒の誘惑に負けてしまう。

だから、もう一度この断酒ブログを始めようと思います。

アルコール依存症とは怖い病気です。
再飲酒を続けると、体はボロボロになってしまいます。

飲まなけばいい。そう思っててはいけないのでしょう。

自分の生き方。自分の考えかたを変えていかないと
断酒は継続できない。

そのように私は思います。

まだまだ断酒2日目なので、先は非常に長いです。

でも、1日1日断酒を継続していきたいと思います。

また、よろしくお願い申し上げます。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2


人生を良くしたいなら酒を止めましょう

2017/10/09 04:11
〜今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます〜


酒に溺れ酒ばかり飲んでいたらどうなるでしょう。

仕事ができないのは当然ですが、家族にも多大な
迷惑をかけてしまう。

さらには、食事もろくに食べず服薬している薬も
ろくに飲めなくなります。

そうなのです。

酒に溺れていたら人生は最悪になるのであります。

ならば、酒を止めて断酒を続けてみたらどうでしょう。

判断力が冷静になり、何事をやるにもうまくいくように
なります。

仕事もできます。家族を失わなければ、家族との仲も
良くなります。

そうなのです。

酒を止めたら人生はすべてうまくいくのです。

当然ながら、酒に溺れた最悪な状態から脱出することが
できます。

つまりです。

アルコール依存症者にとって、酒を飲むのは人生を台無し
にすることにしかならないのであります。

私も酒を止めて断酒を続けてきて、人生はガラッと良く
なりました。

仕事も決まり、安定した生活ができるようになりました。

しかし、

また飲んでしまったら同じになるのですね。

あの最悪な状態に後戻りです。

もう、そんなことは絶対にしたくはありません。
今の安定した生活を絶対に手放したくはないです。

であれば、断酒を継続するしか方法はありません。

酒はアルコール依存症者にとっては毒にしかなりません。

そのことをよ〜く頭に刻み込む必要があります。


人生を台無しにしてもいいなら酒を飲みましょう。

しかし、人生を良いものにしたいなら絶対に酒に手を出さない
ことです。

そのことをきちんと理解しておく必要がある。
そう私は思っています。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


酒飲んで死のうと思っても簡単には死ねない

2017/10/06 03:20
〜今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます〜


私が酒で溺れている時、このように思ったものです。

『もう、このまま酒飲んで死のうか!』

と。

でも、なかなかそう簡単ではないのですね。

それから私は膵炎を発症しました。
(私は過去4回膵炎を発症しています)

膵炎は膵臓が炎症を起こす病気ですが、これの痛みは
半端ではありません。

ほぼ3日間ぐらい痛みでのたうち回り、痛み止めが効かないので
最悪モルヒネを打った次第。

その時の外科医がこう言いました。

『あなたは酒を飲んで死のうと思っていることでしょう。
 でも、酒を飲んで死ぬのはそう簡単ではないのですよ。
 あなたが今苦しんでいる状態がずっと続き、苦しんで
 苦しみ抜いた挙句、1ヶ月くらいしたら静かに死んでいくのです』

と。


私が知っているアル中の方も、少し前に死にました。

最後は私のかかりつけの精神病院に運ばれて、
苦しみながら死んでいったようです。

その方も生前は、

『俺は、酒飲んで死ぬんだ!』

と言っていました。

しかし、主治医が言ってましたが、死ぬ前はとても苦しんで
どうしようもできない状態であったそうです。


酒飲んで死ぬのは自由です。
でも、その苦しみは尋常ではないようです。

死とは確かに苦しいものであります。
でも、酒飲んで死ぬような自殺行為をしたくはありません。

きちっと寿命でこの世を去りたいものですね。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


アル中でも断酒すれば幸せになれる

2017/09/29 03:52
〜今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます〜


アルコール依存症は大変な病気です。

その中で、断酒せずに酒を呑み続けたら生活は
段々崩壊していきます。

家族がおられる方は、当然家族に迷惑をかけることに
なります。

そして、支えている家族の精神状態も悪くなります。

第一、大酒を呑んでいる場合は興奮状態にあることが
多いです。

なので、暴言はもちろんですが、場合によっては家族に
暴力をふるう場合だってあるでしょう。

そんな状況、果たして幸せでしょうか・・・?

もちろん、そうではないですよね。


そうなのです。アルコール依存症者が酒を呑み続けると、
確実に不幸になるのであります。

アルコール依存症者は自分勝手な思考を持つことが多いので
自分のことしか考えませんが、それでも自分の置かれた状況が
普通でないぐらいのことはわかるでしょう。

『あぁ〜、俺の人生はもうダメだ』

そう思っても飲酒欲求は続くので、酒が止められません。

そこで酒を止めるのはとても大変です。
なので、行きつくとこまで(底をつくまで)呑むしかないと思います。

でも、いつか体に異変が起こったり、犯罪に絡むなにかを犯して
しまう時がきます。

そうしたらもう酒は呑めません。

後者の場合は少々面倒なことになりますが、前者の場合は
そこまできたら酒を止めましょう。

最初の何日かは離脱症状で大変かと思いますが、
それも1週間も経てば元に戻ります。

そうなったら、少しずつ自分の生活を元に戻していきましょう。

そうやって断酒を私生活を普通にしていったなら、
段々精神状態も自分の置かれた状況も良くなっていきます。

そこからまた人生をやり直すのです。

人生、チャンスは必ずやってきます。

なので、まずは酒を止めて普通の生活を取り戻しましょう。

アルコール依存症者が幸せになるためには断酒をするしかありません。
しかし、逆を言えば、断酒さえすれば幸せになれるのです。

酒で人生を終わりにしないでいきましょう。

酒を止めれば、きっと良い人生が待っているはずです。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


朝酒は連続飲酒の始まり

2017/09/23 21:25
〜今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます〜


『連続飲酒』

この意味を、現在アルコール依存症の方でも知らない方が
多いです。

というのは、アルコール依存症には段階があり、連続飲酒を
するようになるのは末期の状態であるからです。

ならば、連続飲酒とは、

「寝ている時以外はずっと酒を飲み続ける状態」

のことを言います。

つまり、

酒を呑む⇒眠る⇒起きる⇒酒を呑む

のように酒を呑み続けるのであります。


現在初期のアルコール依存症の方では、夜は大酒を飲んでも
次の朝は仕事に行くことができます。

つまり、

・大酒を飲んでも仕事に支障がない
・夜しか飲まない

だから私はアルコール依存症ではない、と思ってしまうのです。

しかしです。

アルコール依存症は進行性の病気です。
その状態をずっと続けていくと、夜以外でも酒を呑みたくなります。

・朝ちょっと気分がすぐれないので気付に一杯ひっかける
・昨夜の酒が残っているため迎い酒をする

こうなってくるととても危険な状態になります。

しかし、それでも仕事がある場合はまだいいです。
でも、人生は前途多難。いつなにが起きて失業するかわかりません。

アルコール依存症の進行が進んでいる場合、この失業が原因で
一気に病状が悪くなることがあるのです。

失業したらやることがありません。
なので、昼から酒を呑むということが始まります。

しかし、段々その状態を続けていくとそれでは物足りなくなってきます。

そして、一番怖い朝酒が始まってしまうのです。

もうここまできたら、冒頭に話した連続飲酒になるのは必然となります。

1回連続飲酒の状態を経験すると、ほぼ全員のアルコール依存症の方が
節酒ができなくなります。

なので、連続飲酒になった方は断酒するしか方法がないのです。

そのまま呑み続けたら内臓を壊し、命を落とす危険も出てきます。
でも、内臓を壊してからでは遅いのですね。

ですから、朝酒が始まったと思ったならもう断酒すべきなのです。


『朝酒は連続飲酒の始まり』

ですので、十分注意していただきたく存じます。


私の方ですが、今日も飲酒欲求もなく呑まずに過ごせました。
1日断酒できたことを感謝したいと思います。

明日も変わらず断酒を継続していこうと思っています。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。
記事へ驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4


続きを見る

トップへ

月別リンク

断酒継続日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる