テーマ:断酒

現実を乗り切るには、酒を飲んでいてはいけない。

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ 辛い現実を目の当たりにした時、人は二通りのやり方で それに対処します。 一つ目は、 きちんと現実を受け止め、現実から逃げることなく 理性的な判断で処理しようとする。 二つ目は、 辛い現実に耐えられず、その辛さを何かで紛らわそう とする。 アル…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

死が怖いと思ううちに酒を止めること。

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ 飲酒時代を振り返って・・・ このことが結構大事だと思うこと。 それは、 『死が怖いと思ううちに酒を止めること』 です。 人間は大小はあるでしょうが、皆死が怖いのです。 こうして普通に生きていますが、心の中では死を恐れている。 で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

酒で死ぬのは、ものすごく苦しいのである。

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ 以前に一度記事で書きましたが、大事なことなので もう一度ご紹介します。 私が酒に溺れ酒に支配されている時、4回の膵炎を 発症しました。 その4回目の入院で、主治医の外科医はこう言いました。 『あなたはもう、死にたいと思ってますね。だから、こんなに …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ストレスを酒で紛らわしてはいけない。

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ よくあることですが、 仕事に関すること、また人間関係に関することで ストレスをかかえた時、人はどうするか? スポーツやカラオケをやってストレスを発散する方法は いいですが、一番やってはいけないこと。 それは、 『ストレスを酒で紛らわせようとす…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「酒」、それがすべて悪いのです。

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ この世の地獄とはなにか。 それは、 『普通の生活が成り立たないこと』 です。 この普通の生活が成り立たないようにするには、 方法はたくさんありますが、これも一つの方法です。 それは、 『酒を飲み続けること』 です。 現実…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

再飲酒の危機を乗り越えた

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ 昨日、再飲酒の危機がありました。 原因は、ストレスが溜まったことです。 飲む意思はありませんでしたが、頭の脳裏には常に 酒が巡り回っていました。 非常に危険な状態だったと思います。 おそらく以前までの私なら、きっと再飲酒をしてしまった ことだ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

酒を止めて、良い人生を送ろうではないですか。

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ 断酒を続けていくと、「酒」というのがいかに怖い薬物かが わかるようになります。 当然酒に溺れ、酒に支配されていた時期があったわけで、 その時のことを考えると、「酒など人生に絶対必要ない!」 と強く思います。 一つだけ愚痴らせてもらいますが、 何故…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

抗酒剤について

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ 今日で、断酒開始169日目となります。 生涯断酒を目標にしていますが、まずは1日断酒を きちんと続けていくこと。 そのことが、断酒継続には大切だと考える次第です。 さて今回は、抗酒剤について話をしようと思います。 抗酒剤には2種類あり、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

死んでも生き恥をさらし続ける人間にはならない。

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ 『生き恥をさらすぐらいなら、死んだほうがマシだ』 という言葉をよく聞きます。 しかし、果たしてそうでしょうか? 少なくとも私は、反対の立場をとっています。 何故か? 確かに、生き恥をさらすのは辛いことです。 しかし、生きてさえいれば、生き…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

断酒とは、慢心した時が一番危険である。

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ 断酒も軌道に乗ってくると、心身ともに安定し生活も 普通の状態へと戻っていきます。 すると、気持ちの中である慢心した気持ちが 芽生えてきます。 それは、 『俺は(私は)もう大丈夫だろう』 というものです。 そして、 『今の断酒した状…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

断酒すると、離れていった人たちが戻ってくる。

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ 断酒を決意することは、大変なことです。 しかしもっと大変なのは、その断酒を継続することです。 私は原則1日断酒を目標にしてますが、私の体のことを 考えると生涯断酒をせねばならないと思っています。 『もう、あの世界には戻らんぞ』 『二度と地獄のような…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

酒を止めたら、地獄に居た人間が天国に迎えられた。

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ 飲酒時代、そして再飲酒を繰り返していた時期、 今思うと最悪な生き方をしていました。 ドップリと酒に依存し、酒なしではいられない生活。 寝ている時以外は、ほぼ飲んでいる。 そういう時期を、私は経験しました。 よくいろんな断酒ブログで、前日酒を飲みすぎ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

飲酒時代の自分に問うてみた・・・

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ 突然ですが、 『今、そこで酒を飲んでいるあなた。もう酒止めませんか』 酒を飲んでてもいいことはないでしょ。 ・仕事はきちんとできる状態ですか? そして、 ・家族には迷惑をかけていませんか? ・風呂に入っていますか? ・ご飯は食べ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分の体は自分で守らなければいけない。

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ 現在は、酒害に苦しむ方が断酒をしにくい時代に なったと思います。 だって、24時間コンビニにいけば、いつでも酒を 買えるのですから。 さらにアルコール依存症者の辛いところは、 酒は合法であるということ。 つまり、いくら飲んでも罰せられないわけです。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大切な命と人生、酒で捨てないようにしましょう。

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ 命は大切なものです。そして、自分の人生もです。 しかし、 酒に溺れ、酒に支配されている人は、どうしても 死に急いでいるか人生を台無しにしようとしている としか思えません。 かく言う私もそうでした。 ・もう私の人生は終わりだ。 ・このまま生き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

必ず、飲酒という地獄から脱出する。

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ 私は、機会飲酒でたまに友人たちと飲み会をし、 楽しく飲む酒はいいと思っています。 そして、家では決して飲まない。 そうであれば、酒とうまく付き合っていけるかと思います。 問題は、習慣飲酒になった場合です。 そして、飲む動機がストレスを発散させる…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

酒は人を孤独にします。

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ 酒を飲むことは、当然ながら酔うことになります。 そして、 前日に深酒をすると、次の朝に酒が残ってしまうことさえ あることです。 そうなると、仕事に行けなくなり休みがちになってしまいます。 そうなると大変です。 段々生活が成り立たなくなり、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

人生には、やり直すチャンスがあります。

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ 私が最後に再飲酒した、昨年の12月初旬。 結局飲み続けたのは5日間。連続飲酒です。 しかし、それなりに飲めたのは2~3日。 それ以降は水を飲んでも吐く、という状況ながらも 飲み続けました。 最後は酷い状態でした。 当然水を飲んでも吐くわけです…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

自分の人生を、酒に支配させない。

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ 私の飲酒時代、常にこう考えていました。 『もう、俺の人生は終わった』 そして、 『もう、生きてる意味なんてない。死にたい』 と。 本当にそう考えていました。しかし、真実は違ったのです。 自分の人生が終わったわけでなく、生きる意味もあっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

酒さえ止めれば人生は変わる。

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ 酒に溺れた生き方、無残なんものです。 昼間(朝)っから酒を飲み、毎日うだうだしている。 そういう生活、私もしてきました。 しかし今思うと、最悪な生き方だったと思います。 酒に溺れ、酒に支配されている生き方をされている方が、 このブログを読んでる…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

酒を止めて、もとの自分を取り戻しましょう。

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ 酒浸りの生活。 酒に溺れ、なにもできない生活。 家族もいて、酒を飲んでは暴言を吐いたり、挙句に当てには 暴力をふるう。 生活は困窮し、家族も崩壊状態。 そういう方、多くおられると思います。 かつての私も、同じような体験をしてきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「七転び八起き」などという甘い諺があるけれど・・・

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ 断酒とは、非常なる欲望を抑えながら生きていく ということを考えると、とても難しい行為です。 なので、 スリップ(再飲酒)することがあるというのは、 ある意味仕方のないことと言えるかもしれません。 しかし断酒は、スリップするごとにアルコール依存症の病…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アルコール依存症者が酒を飲むと、理性を失う。

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ 今日でGWも終わりです。 長かったような、短かったような・・・ しかし私の体は、完全休みモードです。 明日からの仕事が不安な状況です。 まぁ無理をせず、ぼちぼちとやっていこうと 考えています。 さて、本題です。 酒を飲んで一番よくな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

良い生活を続けるためには、それなりの努力が必要

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ 飲酒時代、そして再飲酒を繰り返していた時、 こう思っていました。 『こんな人生でいいのか。このままでいいのか』 と。 当然、いいわけがありません。 酒に溺れ、ロクに仕事もしていなかったのですから・・・ でも、どうしようもなかったのです。酒…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

人生、酒に溺れて渡れるほど甘くはない。

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ 世の中というのは、結構厳しいものです。 仏教の開祖である釈迦が、「人間とは苦なる存在である」 と説いたこともうなづけます。 しかし、 苦しく困難な人生であっても、常に素面でいたならば なんとかなるものであります。 でも逆に言いますと、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

英雄と酒との関係

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ GWに突入しました。私の休みは暦通りです。 10連休も考えましたが、そんなことをすると 「連休明けにもう仕事がしたくない!」となる気がします。 なので、適度に休んで適度に仕事をしようと考えています。 さて今回は、英雄と酒について述べようと思い…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

『すべてが断酒優先』という覚悟を持って生きる

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ ここ最近仕事場で、2つの飲み会に誘われました。 一つは送別会。もう一つは、結婚する女性のお祝い会です。 そこで私はどうしたか。 それは、 『迷わず欠席』 としたのです。 確かに、付き合いの悪い奴だと思われたかもしれません。 しかし、酒の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

スリップについて

~今回もブログにアクセスいただきありがとうございます~ 今日は、断酒を開始して126日目です。 なんてことはない日ですが、そういう日もきちんと断酒 することが大切です。 油断することなく、心穏やかに過ごし、 1日を素面で過ごしたいと思います。 さて今回は、スリップ(再飲酒)のことについて述べたい …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

断酒したらハッピーになれるのか

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ アルコール依存症者にとって、 『飲んだら地獄』 です。 では、断酒したらハッピーになれるかと言うと そうではないのですね。 世の中を渡っていくのは、そう簡単なものではありません。 ・仕事のこと ・家族のこと ・自分や家族の健康のこと …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

断酒継続には、まず酒から遠ざかりましょう

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~ 断酒をしている時に辛いこと。 それは、 ・TVで美味しそうにビールを飲んでいるのを見ること。 ・DVDの映画で、ウィスキーを飲んでいるシーンを見ること。 ・スーパーに買い物に行き、酒のコーナーを通ったとき。 などが挙げられるでしょう。 かく言…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more