断酒60日目:今生きているだけで奇跡

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今日で、断酒継続60日目になります。

ようやく2ヶ月が過ぎたわけですね。

なんとなく、断酒初日がはるか昔のように思えるのですが、
まだ2ヶ月しか経っていません。

過ぎ去りし日というのは、意外に遅いものです。


さて、私の連続飲酒の経緯ですが、

普通に酒が飲めていい状態というのは、たった1日です。

2日目は段々怪しくなってきて、3日目には嘔吐が始まります。

4日目はもはや廃人近くなっており、自分でも何が起きているのか
わかりません。

この状態であまりにも苦しくなり、救急車を呼ぶことが多いです。

しかし、処置されて家に帰ってきても、まだやめる意思はないのです。

とても苦しいのですが、身体的異常がまだたいしたことないからですね。

しか~し、

5日目になると身体異常が発生します。

水飲んでも吐く。
当然ながら、酒飲んでも吐く始末。

さらには、胃が荒れすぎて血が混じった嘔吐をし、
そのうち胃の痛みがMAXとなります。

そこで夜が多いのですが病院に運ばれます。

点滴してもらうのですが、吐き気や胃の痛みが収まりません。

前回の再飲酒では、これ絶対膵炎や!というぐらいの腹痛に
襲われました。

死にそうでした。そして、死んでもおかしくはなかったのです。


今の私、はっきり言って生きているだけで奇跡の状態です。

前回の再飲酒で死んでいてもおかしくはなかった。

次また飲んだら、今度もいっしょの状態に陥ることでしょう。

死ぬことは仕方ないですが、あれ程苦しんでは死にたくない。

そして、酒飲んで死ぬなんて、あまりにも惨めです。

人生とは苦しいです。
常にフラットな状態で落ち着いて過ごせることはありません。

しかし、たとえどんなことがあっても酒だけは飲まない。
そして、飲みたくはない。

一度きりの命。大切にしたいと思います。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

"断酒60日目:今生きているだけで奇跡" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント