断酒6日目:とても苦しい

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今日は、断酒6日目です。

しかし、

とても苦しいです。

離脱症状はだいぶ良くなりましたが、
精神的な部分がとても苦しい。

まず、自分が酒を止め続けられるか。
それに対する不安があります。

今まで散々失敗してきた自分なので、
自分に自信がないわけです。

『こんな私が断酒継続できるのか?』

それに対する不安がとてもあります。

あと、酒が怖いという感情がります。

ここ9年間、酒に依存して生きてきました。

酒を飲めばとりあえずのストレスは解消する。

だから、私は酒に逃げて生きてきたのです。

その人間が、酒なしで生きていけるのか?
酒なしで現実を渡って行けるのか?

それに対する不安がとても強いのです。


結局頑張ってみてもダメではないか?
もはや、酒飲んで死ぬのが自分にとって一番
合っているのではないか?

そのようにも思えるのです。

こういう状況の中、普通に社会復帰することなんて
絶対無理です。

そして、

いつ再飲酒して連続飲酒になるかもしれない人間が、
仕事に就くなんて言語道断。無理なのは当たり前。

ならば、私はこれからどうしていけばいいのだろう。
どうやって生きていけばいいのだろう。

そういうことを考えるわけです。

この自責の念。いつまで続くのでしょうか?

もう私は苦しくて仕方がありません。

でも、とりあえず今日1日は酒を断とうと思います。

愚痴のような記事ですみませんでした。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

"断酒6日目:とても苦しい" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント