再飲酒は死につながる:断酒34日目

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今日は、断酒34日目になります。


だいぶ体調の方は良くなり、普通の生活ができるように
なってきました。

ただ、それと同時に再飲酒への恐怖が薄らいでいる
気がするのです。

しかし、

3本柱はきちんと守っているので大丈夫かと思います。

でも、それでも油断は大敵です。

再飲酒への恐怖が薄らいでいるということは、
あの連続飲酒の恐怖も忘れ始めている。

そういうことにもなるからです。

ただ、安易に再飲酒していた以前と違うのは、
再飲酒することは地獄に行くことであると気付いていることです。

酒を飲むこと自体が良くないことだ、と思っていればいいと思います。

再飲酒すると自分はどういう状態になってしまうのか?

そのことをきちんと自覚し、その状態自体が人生の地獄である。

その考えをきちんと持つことが大切だと思います。


今までの私は、飲酒に関してかなり甘かったところがあったと
思っています。

『再飲酒してもまたやめればいいだろう』

そういった安易な考え方をしていたような気がします。

しかし、

もはや今、再飲酒することは死につながると確実に感じています。

前の記事でも書きましたが、まだ私は生きていたいです。

そして、酒で死ぬことだけは避けたいと思っています。


これからの断酒は、まだまだ我慢の断酒であります。

おそらく、3年くらい断酒継続しないと我慢の断酒から脱しえないでしょう。

でも、3年を今考えるのはあまりにも先のことであり、
届かぬ夢でもあります。

ですから、

いつものように1日断酒をきちんと続けていく。

そのことが大切だと思います。


今日も1日飲まないで過ごせました。

明日もそうして1日を乗り切ろうと考えています。

頑張ります!!


応援の程、よろしくお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

"再飲酒は死につながる:断酒34日目" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント