何故私は、アルコール依存症になったのか

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今日は、断酒27日目になります。


ここ2日ぐらいですが、段々と普通の生活が
当たり前のようになってきています。

というか、普通の生活に慣れていっている
気がするのです。

つまり、

酒に対する恐怖。再飲酒してしまうのではないか
という不安。

そういうものが薄れていっているのであります。

とても危険な感じがします。

やはり、自分がアル症であることをきちんと自覚し、
毎日飲まない生き方をしていこうという意志を持って
過ごしていかないといけません。

あの、死んでもおかしくなかった連続飲酒。

その底つきを忘れてはいけないのです。

もう一度気持ちを取り戻し、1日1日飲まないで生きていく
ことを再認識したいと思います。


さて、話は変わりますが、

私は何故アルコール依存症になってしまったのか?

そのことを考えてみました。

直接的な原因は、40歳を超えてから無職の時代があり、
その時期に大量飲酒をしてしまった。

ということになりますが、

ず~っと若い頃に戻り考え直すと、

社会人になってから、一人酒(家飲み)を始めた。

というのが根本の原因になると思われます。

学生の頃はストレスというのがほとんどなかったので、
一人暮らしでしたが家で一人で酒を飲むということは
ありませんでした。

しかし、社会人になるといろいろストレスが溜まってきます。

それを解消するために一人酒をするようになったのです。

そして、

20代後半でまだ独身だった頃、一人酒の量は段々と
増えていきました。

明日仕事があるという夜でもウイスキーをかなり飲んでいて、
1本を空けるということもありました。

さらに休日の日は昼から飲む時もあり、そういう時はもう酒量
というのがわからない程飲んでいた気がします。

結局、自分では自覚していなかったですが、もう20代の頃から
アル症であったのです。

ただ、私が酒に強かったということや、酒に対する耐性が
かなりあったから問題飲酒にならなかった。

というだけでしょう。

しかし、長年の大量飲酒は段々と心身をボロボロにしていきます。

なので、40代を超えてからの大量飲酒時代で膵炎を発症するまで
アル症の病気は進行してしまったのでしょう。

とても無知でありました。

20代~30代に酒の怖さを少しでも知っていれば、
今の私は普通の人間でいられたことでしょう。

しかし、初めての膵炎を発症するまで自分がアル症になるとは
まったく思っていなかったのです。


きちんと適量で酒を止めれる方でない限り、一人酒はしない方が
いいでしょう。

そして、この日本ではほぼ教えてくれない酒(飲酒)の怖さを
自ら知っておくこと。

今思うと反省ばかりでてくるのですが、無知であった自分を
責めるしかないのでしょうね。


でも、もう今となっては過去のことを後悔しても仕方がありません。

現在は、酒を飲んだら必ず連続飲酒になる状態まで
病気は進行しています。

さらに、膵臓がやられてしまって内臓もよろしくないです。

なので、絶対に酒を飲んではいけない。
そして、断酒を継続していく。

その方法しか私が生きれる道はないのです。


今日も1日酒を飲まないで過ごそうと思います。

また、飲まない生き方をしていくという自覚をきちんと持ち、
底付きを決して忘れないようにしていく。

そうやって、1日1日を大切に生きていこうと思う次第であります。


応援の程、よろしくお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

"何故私は、アルコール依存症になったのか" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント