必ず、飲酒という地獄から脱出する。

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


私は、機会飲酒でたまに友人たちと飲み会をし、
楽しく飲む酒はいいと思っています。

そして、家では決して飲まない。

そうであれば、酒とうまく付き合っていけるかと思います。

問題は、習慣飲酒になった場合です。

そして、飲む動機がストレスを発散させるため。
嫌な気持ちを忘れるために飲酒するならば、もうその時点で
アルコール依存症予備軍になったと言えるでしょう。

私もそうでした。

嫌なことがあったり、ストレスを酒で紛らわせようとしだしてから、
酒の量は段々と増えていきました。

以前にも申し上げましたが、私の飲酒量は半端ではありません
でした。

焼酎(25度)ならほぼ1升、ウィスキーでもほぼ1本、
それを毎日飲んでいたのです。

そんなことをしていたら、アルコール依存症になるのは当然
ですが、体を壊すのも当たり前。

でも私は、先のことなど露とも考えずに飲み続けたのです。

そして結局、3年で4回の膵炎を発症し入院することに。

でも私が馬鹿だったのは、膵炎というとんでもない病気に
なったのにもかかわらず、退院したらすぐまた酒を飲んで
いたことです。

まったく自分の置かれた現実など考えていませんでした。
ただ酒を飲み、気持ちよくなればそれでよかったのです。

しかし、4回目の膵炎を発症した時、医者からこう言われました。

『あなたの膵臓はもうほとんど機能していません。
 このまま飲み続けたら確実に死にます』

と。

死ぬことは怖くありませんでした。
できることなら、「酒を飲んでこのまま死にたい」とも思っていました。

しかし、膵臓がほとんど機能していないという現実に直面した時、
やはり私は死の恐怖を感じました。

『やばい、このままでは本当に死んでしまうぞ』

そう思いました。

非常に遅い気付きですが、その時初めて「本気で酒を止めよう」
と感じました。

しかし、断酒とは非常に難しいもの。
すぐにそれから断酒ができたかというと、そうではありません。

断酒と再飲酒を繰り返しました。

でも、再飲酒しても「酒を止めなければいけない」という気持ちは
持っていました。

そうこうしながら昨年、9ヶ月の断酒をしました。
しかし、その9ヶ月目の日に再飲酒をしてしまったのです。

当然、連続飲酒でした。

酒をたらふく飲み、眠くなったら寝る。そして起きたらまた酒を飲む。
それを5日間繰り返しました。

最悪な状態でした。以前にも書きましたが、水を飲んでもすべて
吐く状態。

それでも酒が止まらない。

この世の地獄だと思いました。

しかし、再飲酒5日目の夜に病院に行ったとき、
「もうこんな生活は止めよう」「こんな生活をしていたら廃人になる」、
そう思ったのです。

その気持ちは強いものでした。

9ヶ月断酒しての再飲酒でしたから、悔しさもありました。

でも一番思ったのは、

『この、飲酒という地獄から脱出したい』

そう願う気持ちでした。


そうして断酒を開始し、今日で161日目になります。

もう酒は飲みたくありません。というか、もうあの地獄には戻りたく
ないのであります。

必ず断酒を継続させたいと思います。

そして、「普通の生活が普通にできる幸せ」を、決して壊したくはない
と考えています。



応援いただければ嬉しい限りです。
こちらをポチっと押してください。


にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

"必ず、飲酒という地獄から脱出する。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント