酒は人を孤独にします。

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


酒を飲むことは、当然ながら酔うことになります。

そして、

前日に深酒をすると、次の朝に酒が残ってしまうことさえ
あることです。

そうなると、仕事に行けなくなり休みがちになってしまいます。

そうなると大変です。

段々生活が成り立たなくなり、負のスパイラルへと突入します。

挙句の果てには会社を首になり、朝から酒を飲むようになります。

そうなると、非常に危険な状態になるのです。

最初のうちはただの機会飲酒や習慣飲酒であったものが、
酒なしでは生きていけなくなります。

生活のすべてが酒に支配されるようになり、1日中酒を飲む
ばかりになる。

もうこうなれば、立派なアル中(アルコール依存症)の出来上がりです。


酒は、人を孤独にします。

家族がいる方でも酒に溺れた生活をしていると、家族は逃げて
いってしまいます。

しかし、それでもまだ酒が止められないのです。

しまいには、親や親戚、友人を頼ることになりますが、その生活も
いつか破綻し自分のもとからは誰もいなくなってしまうことにも
なりかねません。

そうなってはいけないのです。

酒は怖い薬物です。精神や体を蝕むだけでなく、その人の人生まで
破壊してしまいます。

かく言う私も、かつてはそういう境遇でした。

酒なしでは生きていけない。酒を飲むことが、全ての中心でした。

幸い妻には見捨てられなかったですが、非常に危険なところまで
いきました。

もう少しで別れることになり、たった独りで孤独に生きていかねば
ならない危機さえあったのです。


もう一度言いますが、酒は人を孤独にします。

酒に溺れ酷い生活をしていると、全ての人が自分のもとから
去っていってします。

そうならないようにしなければいけません。

そうならないためには、方法はただ一つ。
いつも言ってますが、「酒を止める」ことだけです。

以前にも書きましたが、酒を止めたら違う人生が待っています。
かく言う私もそうでした。まさか、こんなにいい生活が待ってるとは、
思いもよりませんでした。

しかし、再飲酒してまた酒を飲んでしまっては元の木阿弥です。

また、地獄へと堕ちてしまいます。

そうならないためにも、断酒を継続し常に素面で毎日を
過ごしていかねばならないのです。


今日は、断酒を開始して160日目です。
引き続き、1日断酒を続けていかねばなりません。

抗酒剤も服用しました。断酒の誓いもしました。

今日も変わらず、酒のない生活を送りたいと考えています。



応援いただければ嬉しい限りです。
こちらをポチっと押してください。


にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

"酒は人を孤独にします。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント