英雄と酒との関係

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


GWに突入しました。私の休みは暦通りです。

10連休も考えましたが、そんなことをすると
「連休明けにもう仕事がしたくない!」となる気がします。

なので、適度に休んで適度に仕事をしようと考えています。



さて今回は、英雄と酒について述べようと思います。

今までの歴史のなかで英雄と言われる人は沢山いますが、
私が日本と世界を見渡した時に英雄と思う人物は二人です。

日本では織田信長


画像


世界では、ユリウス・カエサル

画像


この二人に共通することは何かと言いますと、

『酒を好まなかった(飲まなかった)』

ということになります。

信長は多少飲んだとも言われてますが、カエサルはまったく
飲まなかったようです。

信長の言い分。

『酒を飲むと饒舌になる。饒舌になると、大事な秘密を
 漏らしてしまうことがある』

というもの。

カエサルの逸話。

『皆が宴席で上機嫌になっているが、いつもカエサルだけは
 素面である』

というもの。


この二人だけで判断するのはどうかと思いますが、
世の中の成功者の中を見ても酒を好まないか、
それとも酒の量をコントロールしている方が多いです。

つまりは、

『酒に溺れていてはなにも成就できない』

ということになる気がいたします。

酒は、まぎれもなく薬物です。
それを摂取しすぎると、自分の人格ではない部分が露出します。

そうなっては、よい判断ができません。

やはり人間というのは、いつも素面の状態でいるのがいいのでしょう。


今日で、断酒を開始して140日目となります。
抗酒剤も服用しました。断酒の誓いもしました。

今日も変わらず、1日断酒で過ごそうと思っています。



応援いただければ嬉しい限りです。
こちらをポチっと押してください。


にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

"英雄と酒との関係" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント