いつまでも、あると思うな、家族と金

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今日で、断酒開始107日目となります。

3桁になると、なにか「断酒してるぞ!」という気分になります。

しかし、油断は禁物です。

今朝も変わらず抗酒剤を飲み、断酒の誓いもしました。

また今日も1日、素面で過ごしてまいります。



さて、今回の話はこういうことになります。

それは、

『いつまでも、あると思うな、家族と金』

ということです。

断酒をしていないアルコール依存症者は、当然ながら
酒を飲みます。

また、その飲み方が半端でないのですね。

私が一番飲んでいた時期には、毎日焼酎(25度)を
1升以上飲んでいました。

それで体を壊したわけですが、今回の記事の趣旨はそういうこと
ではありません。

毎日1升以上飲めたというのは、それだけの金があったということです。

当然ながら、金がなければ酒は飲めません。


私がまだ自助会に身を置いていた頃、ある生活保護を受けている方が
おられました。

その方は、酒が原因で家族を失い、たった独りで生活をしていました。

しかし、話を聞いていると、受給できる金額も少なかったようです。

つまり、

『酒を飲んでしまったら生活が成り立たない』

そういう方でした。

その方がよく、例会でこのような話をしていました。

『私は酒が原因で家族を失った。だから、今はすごく後悔している。
 しかし、家族を失っても生きていかないといけない。酒を飲もうとも、
 今の状況では無理なのが現実だ』

と。

いつも言っていますが、アルコール依存症者は家族から見放される
ケースが多いです。

それは、ご家族の方が悪いのではなく、家族のことなどなにも考えずに
酒を飲んだくれていた結果であります。

前回の記事でも書きましたが、アルコール依存症者が酒を飲み続けると、
段々酒害がひどくなります。

『家族への暴力的な言動。理不尽な要求』

そういうことが積もり積もって、ご家族の方は家から出ていってしまうのです。

しかし当本人は、「まさか自分を見捨てて出ていく」などとは思っていない
ことが非常に多い。
(私もそうでした)

でも、断酒もせず、家族のことなど何も考えずに酒ばかり飲んでいたら、
見捨てられるのも当然なのであります。

そして、まだ仕事をしている方はいいですが、そうでない方は酒を飲む
どころか生活するにも困るようになってしまいます。

こうなって初めて、冒頭で書いたことが現実になるのですね。

『いつまでも、あると思うな、家族と金』

ということに。


私もたいがい酷い飲み方をしてきました。しかし、幸いなことに
早くに体を壊したため、家族を失うことはありませんでした。

しかし今思うと、「紙一重だった」という気がします。
(妻が、家から出ていく寸前のところまでいったこともあります)


家族を失い、そして生活する金にも困るようになる。
そこでようやく「酒を止めなければ!」と思っても、もう遅いのです。

どうでしょう。これは私見ですが、

『ブラックアウトして、酒を飲んでいた時のことを忘れ始めた頃』

『大酒を飲み、家族に迷惑をかけ始めた頃』

その時こそが、自分の置かれた立場に気付いて断酒する時である。

そのように思う次第です。



応援いただければ嬉しい限りです。
こちらをポチっと押してください。


にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

"いつまでも、あると思うな、家族と金" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント