絶対、酒では死なない!

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


断酒を続け、今になってよく思うことがあります。

それは、

『絶対、酒では死なんぞ!』

ということです。

人は必ず死にます。それは仕方のない宿命です。

でも、その死に方も大事だと思います。


私の飲酒時代や膵炎を患った頃を振り返ると、

『あぁ俺は、もう酒を飲んで死んでいくのだな』

と思っていました。

確かに、ポックリ死んでくれればそれはそれでいいのですが、
事はそう簡単ではありません。

前記事の医師が言ったように、酒で死ぬのはとても苦しみを
ともなうのです。


話を変えます。

人の死は、ある意味その人の人生や生き方が表れる時です。

どうせなら、

『あの人は、立派な死に方をしたね』

と言われたいものです。

しかし、これは私の知っている方の死ですが、

・たった独りの部屋で酒を飲んだまま亡くなり、何日か後にみつかった。
・大酒を飲んだ挙句病院に搬送され、そのまま亡くなった。

これらの人の死を否定するわけではないですが、
やはり惨めな死に方であると思います。

他人から何を言われようがいいのですが、

『あの人は酒を止められなかったんだね』

とか、

『酒がなければいい人だったのに』

なんてことを言われたくはないです。


もう一度言いますが、私は絶対に酒では死にたくありません。
きちんと人生をまっとうし、寿命で死にたいと思っています。

そうするには、やはり断酒を継続していくことが必須です。

そういう思いを持ちながら、今日もきちんと1日断酒をしたいと
考えております。



応援いただければ嬉しい限りです。
こちらをポチっと押してください。


にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

"絶対、酒では死なない!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント