過去よりも今、これからが大切

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


私が本格的に飲酒時代に入ったのは、6年前のこと。

40歳で勤めていた会社が倒産し、社宅に住んでいたので
住処もなくなりました。

途方に暮れた私は、その時お付き合いしていた今の妻が
住む群馬県に移ってきました。

移り住んだ当初はまだ私にも蓄えがあったので、
のんびりと過ごすことができました。

しかし、

その蓄えも無くなり始め、仕事を探さなくてはいけなくなりました。

40歳を超えての再就職。
そう簡単なものではありませんでした。

正社員で雇ってもらえるのは、ほとんどブラック。
なので、どうしてもアルバイトを選択せざるをえません。

当然、仕事上のストレスは溜まり、必然的に酒に頼る生活と
なっていきました。

今考えると、この頃が分岐点だったのです。

体のことを考えて酒量をコントロールしていたなら、
今の私の状態は違ったものになっていたことでしょう。

しかし、

私は、どっぷりと酒に溺れ、酒量をコントロールする気持ちなど
到底なかったのです。

結果、膵炎を4回も発症し、完全なアルコール依存症に
なってしまいました。

「あまりにも愚かであった」とは今になってわかるのですが、
その当時はまったく気づきませんでした。

おそらくもう一度その頃に戻れたとしても、同じことをするだろう
と思います。


私はその当時(飲酒時代)のことを、随分長い間悔やみました。
自分の生き方や自分自身すら否定し続けました。

しかし、どうやらやっと、「仕方がなかったんだ」と受け入れ
られるようになってきたようです。

『過去をどんなに悔やんでも戻りはしない』

『自分をどんなに否定しても悪い方向へ行くだけだ』

つまり要するには、

『大切なの今であり、これからなのだ』

ということが段々とわかり始めてきたのです。

自分を否定するのも肯定するのも自分だけです。
ならば、過去はすべて受け入れて前へ進んでいったほうがいい。

そのように今は思っています。



今日は、新しい仕事の面接です。履歴書もまだ書き上げていないので、
それも仕上げないといけません。

そして大事なのは、今日1日飲まないこと。

初心を忘れず、1日断酒でいこうと考えています。



応援いただければ嬉しい限りです。
こちらをポチっと押してください。


にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

"過去よりも今、これからが大切" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント