断酒1ヶ月達成と、「底つきはどん底ではない」

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今日は1月13日です。

私が断酒を始めたのが昨年の12月13日ですから、
ちょうど1ヶ月継続したことになります。

断酒してから10日間くらいは、ひどい離脱症状に
苦しみました。

しかしそれが過ぎると、段々楽になってきました。

でも、断酒し始めの頃というのは精神的に酒に囚われて
いますので、再飲酒する危険性は高かったはずです。

それがなんとか1ヶ月を迎えられたというのは、
このブログがあったこと、コメントをいただける皆様と
一緒に頑張ってこれたこと、そして応援いただける方が
いてくださったことが大きな要因だと思います。

有難いことだと思い、本当に感謝する次第であります。




さて今回は、「底つき」についてのお話です。

底つきとは、

「アルコール依存症者が飲酒が原因で、堕ちるところまで堕ちた時」
のことを言います。

一般的にこの「底つき」体験がないと、アルコール依存症者は
断酒を決意できないと言われています。

私事で恐縮ですが、私にもこの「底つき」がありました。

『このままでは死んでしまう』

『このままでは大変なことになる』

そういったところまで堕ちて、ようやく断酒が出来ている現在であります。


しかしです。これは精神科の主治医に言われたことですが・・・

『底つきはどん底ではありませんよ。本当にどん底というのは、
 すべてを失った時のことを言うのです』

だそうです。

つまり、本当のどん底とは、

生活が破綻し、家族のすべてから見放され、たった一人きりに
なった時を言うのであります。

さらに主治医はこうも言いました。

『底つきの時に酒を止めないといけません。どん底まで堕ちて
 しまったら、もう後は死あるのみです』

と。


主治医の言う通りだと思います。

私にはまだ、住むところがあります。生活も破綻していません。
そして、家族(妻や両親)からも見放されてはいないのです。

なので、今酒を止めないと(断酒しないと)いけません。

そうしないと、本当のどん底に堕ちてしまいます。


このブログをご覧になられている方の中にも、「底つき」を
経験された方がいると思います。

しかし、その方はまだインターネットを見れる状態にいるのです。

要するには、まだ「どん底」ではないのであります。

私も同じですが、「底つき」の時を大切にし、「どん底」まで
行かない努力をしなければいけないと思うのであります。



応援いただければ嬉しい限りです。
こちらをポチっと押してください。


にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

"断酒1ヶ月達成と、「底つきはどん底ではない」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント