断酒95日目:飲んでも苦しさはやってくる

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


かなり更新が途切れてしまいました。
でも、相変わらず断酒は継続しています。

今日は断酒95日目。
ようやく3ヶ月が過ぎました。

前回の記事が44日目でしたが、
それから51日も経っていたのですね。

この51日間どうしていたか?

結構マシな感じで断酒は続いてましたが、
危ない時は2回ほどありました。

もう飲んでしまおう!

そういってコンビニの前まで行ったこともあります。

しかし、

結局は恐怖のために飲みませんでした。

恐怖?

それは、飲んだ後の苦しさのことです。

私の場合、再飲酒して飲めても2日。
あとは、水飲んでも吐く状態が続きます。

その苦しさは尋常ではありません。

さらに、断酒した後の離脱症状も苦しいですね。

そういう苦しさのことを考えると飲めないのです。


人生とは苦しく、生きるのは辛いものです。

しかし、

自分であえて苦しくなることを選択する必要は
ないじゃないですか。

飲まなければ幸せではなくとも普通には過ごせます。

だったら、そっちを選んだ方がいいです。


飲めなくなった自分の体を悔やむ時もあります。

しかし、自分でそうしてしまったのですから仕方ありません。

アルコール依存症は治る病気ではありません。
でも、進行を止めることはできます。

私も今年の11月がきたら50歳になります。

40代は酒のことで酷い生き方をしましたが、
50代は断酒を続けて良い人生にしようと思っています。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

今回は以上です。閲覧ありがとうございました。