断酒21日目:酒は、百害あって一利なし

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


断酒21日目。
昨日も飲まないで過ごせました。


みっともない連続飲酒状態。

酒飲むしかしょうがない日々。

私は、何回もそれを体験してきましたが、
もうあの状態には戻りたくはありません。

飲みたい!という飲酒欲求がわきます。

でも、飲んだら終わりです。

廃人へとまっしぐらなのです。


酒で脳が冒される状態は、一種の快楽であります。

だから、酒を飲むのですが、

その後の生き方はひどいものです。

連続飲酒の方はずっと飲み続ける。

節酒ができる方は、朝から、昼から飲んでしまう。

仕事をされている方は、仕事中でも隠れ飲み。

結局、アルコール依存症者は酒をコントロール
できないのですね。

この酒をコントロールできないというのが、
この病気の一番の特徴です。


精神依存だけの状態ならまだいいです。

でも、酒を飲み続けると身体依存まで発展して
体(臓器)を悪くしてしまいます。

私はもう、身体依存の状態まで入っています。

膵臓はもはや、ほとんど機能していなく、
インスリンがまったくでないために重度の糖尿病になりました。

他の方でも、肝臓の数値が異常に高くなることもあるでしょう。

でも、そのまま飲み続けたら間違いなく肝硬変に
なってしまいます。

膵臓疾患も肝硬変も死にいたる病気です。

さらには、脳萎縮まで発展して脳にもダメージが来ます。

酒飲んでいいことは一つもありません。

百害あって一利なしです。


今日も飲まないで過ごしたいと思います。

断酒の決意を頭に念じ、飲酒欲求がわかないようにしようと
思います。

酒飲んだら人生破綻。

そのことをよく考えながら、今日という日を有意義に
過ごしたいです。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

今回は以上です。閲覧ありがとうございました。