断酒37日目:今度の再飲酒は死ぬかもしれない

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~

断酒37日目。


酒は飲んでないのですが、なぜか不安。

普通に生活している時はいいのですが、
TVで酒のCMが流れたり酒の情報が出ると
なにか胸に熱いものがこみ上げてきます。

結果的には再飲酒する時の気持ちの前触れ
なんですが、それが本当に嫌です。

なんでこんなに苦しんでいるのに
TVでは酒は良いものと宣伝するのか?

アル症で苦しんでいる方はたくさんいるのですから、
もう少し自粛してほしいものです。


断酒を継続するのは大変なことです。

だって、脳が欲求しているものを
自分の心の意志で止めているのですから。

今でも酒飲んだ時の快楽感が忘れない時があります。

ストレスや自分の無意味な生き方などを
忘れさせてくれる。

そこへ行きたい気持ちがあるのは否めません。

しかし、

連続飲酒になる私は、快楽感だけでは済まないのです。

3日目以降の苦しさ。

胃が荒れて酒飲んでも吐く。水飲んでも吐く。

そして、意識はもうろうとして廃人同然になる。

その苦しい状況が待っているからです。

もう、そうなったら自分の意思では動けません。

病院に連れて行ってもらうのも
妻に助けを求めないといけません。

でも、もう最近では診てくれる病院も減りました。

今度再飲酒したらダメになって診てくれる
病院もないかもしれません。

そうなったら、待っているのは死です。

辛いとわかっていても、吐くとわかっていても
酒を飲む。

そんなの死ぬしかないわけです。


私が生き続けるためには断酒しかありません。

その方法しかないのです。

今度飲んだら死ぬ。
それを肝に命じながら1日1日断酒に励みたいと
思います。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

今回は以上です。閲覧ありがとうございました。

この記事へのコメント