断酒27日目:酒で現実から逃げていた私

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


断酒27日目。


私は今年で50歳。

40歳の時に勤めている会社が倒産して
職を失いました。

そこから、大量に飲酒するようになったのです。

就職活動もうまくいかない。

そういうこともあって、昼から大酒を飲むように
なりました。

元々酒は好きだったのですが、
酒を飲んでいる時だけは現実から逃げることが
できました。

結局、酒で辛さを誤魔化していたのですね。

人生って結構辛いです。
思うようにいかないことばかり。

そういう時どうするか?

やはり、私には酒しかありませんでした。


歳をとっていくごとに就職は難しくなりました。

そして、その分酒量は段々増えていったのです。

多い時は1日焼酎を2升近く飲んでいたと思います。

でも、最初の頃はそれでも長期間飲めたのです。

しかし、

4年ぐらい前から連続飲酒をするようになりました。

それでも、最初の頃はまだ良かったです。

しかし、

段々飲み続けると吐くようになり、
今では飲んで3日も飲み続けられない体になりました。

もはや、私はアル中末期状態。

だから、酒は絶対に飲んではいけません。

「生きたいならば酒飲むな」

そういう言葉が心からわいてきます。


まだまだ私は50歳。

社会的に引退できる歳ではありません。

なので、

どこかで働いていかないといけません。

となると、

再飲酒したら1週間は休まなければいけないので、
再飲酒をすることはできないです。


これからの断酒。
心して続けないといけません。

断酒するか死ぬか?

どちらを選択するか。きちんと考えないといけないのです。

今は断酒が続いてますが、今後のことはわかりません。

自分でも自分に自信はありません。

しかし、できれば再飲酒することなく生涯を終わりたい。

そういう気持ちの中で1日1日断酒を継続していきたいと
考える次第です。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

今回は以上です。閲覧ありがとうございました。

この記事へのコメント