断酒10日目:アル中が一人出来上がるまでのお話

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~

断酒10日目。
家でゆっくり休んでいました。


なぜ私は、アルコール依存症になってしまったか。

若い頃から酒は好きでした。

20代は会社の同僚と毎晩飲みにいったもの。

30代に入ると会社が替わり、仕事終わりに家で
ちょっと飲みが増えました。

でも、その頃はまだ酒量は少なかった感じです。

私の酒量が増えたのは40歳に入ってから。

働いていた会社が倒産し、仕事を失いました。

仕事を探すも、40代に入ってからはなかなか
見つからず。

そうなると家に居ることが多くなり、
自然と昼から酒を飲むようになりました。

1日に焼酎を1升以上飲むこともありました。
そして、毎日飲むようにも。

そういう日が続き飲み続けたある日、
とてもお腹が痛くなりました。

あまりにも激痛でどうしようもなく病院に行くと、
急性膵炎と診断されました。

非常に辛かったですが入院をし退院をしました。

ここで酒を止めてればよかったのですが、
事はそううまくいきません。

同じようなことが続き、結局膵炎を4回発症しました。

こうなった以上、私は断酒せざるを得なくなりました。

しかし、なんども断酒に失敗した挙句
最後は連続飲酒状態になることに。

その後は普通に酒を飲むことができなくなりました。
そして、今に至ります。


何度も何度も酒を止める機会はありました。

でも、私にはできなかったのです。

今になって何を思うか?
それは、やはり後悔です。

なんで止めれなかったのか。
どうして飲んでしまったのか。

そればかり考えてしまいます。

でも、

今となったら後悔していても仕方がありません。

目の前の日々に対して断酒していくしかないからです。

もう、私が生きるにはその方法しかありません。

仕事で自己実現を成すことも諦めました。
人並みの幸せを望むことも諦めました。

やれるのは、断酒して生きていくこと。

アルコール依存症の最後はこうなるのです。


アルコール依存症とはすぐにできあがる病気ではありません。

何年も何十年もかかって進行していくのです。

でも、まだ諦めないで行こうと思います。

病気を治すことはできませんが、進行を止めることはできるのです。

飲んでない以上生きていけます。

飲まないで普通の生活をしていく。

そのために断酒を継続していこうと思います。


にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

今回以上です。閲覧ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント