飲酒は死に至る行為なのに、日本は何故野放しにしておくのか

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今日は、断酒37日目となります。


私は、断酒を再開して今日まで、飲酒欲求がまったくありません。
今までの断酒とは大違いであります。

それ程、今回の再飲酒は堪えたのでしょう。

しかし、断酒も1ヶ月を超え、少々自分への甘さというのが
出てきたようにも思われます。

先週の火曜日は断酒会の例会の日だったのですが、
まったく忘れていて行きませんでした。

とても良くないことだと思います。

断酒への甘さが出てきたということは、月日が経ったとも言えますが、
再飲酒へのリスクが高まったとも言える気がします。

なのでもう一度気持ちを引き締めて、断酒継続に徹したいと
考える次第です。


さて、今回は酒というものについて考えたいと思います。

当然ながら飲酒は20歳になったらできる行為です。
そして、飲酒は合法でもあります。

しかし、この日本では煙草やギャンブルの依存に対しての啓蒙は
進んでいますが、アル症へのそれはまったくといってされていません。

夜6時を過ぎるとTVで酒のCMがバンバンと流され、
かつ飲酒行為というのがさも素晴らしいものだと言わんばかりの
宣伝をしています。

また、日本において酒はコンビニ行けば24時間購入可能です。
いつでも酒を手に入れることができます。

そういう背景のもとで日本人が過ごしていると、
飲酒行為がどれだけ怖いものか。

ということはわからずまま酒を飲み始める。
ということになります。

かく言う私もそうでした。

煙草を吸い始めた時は、喫煙による害というものは知っていました。
しかし、飲酒を始めた時アル症についての知識は皆無だったのです。

その状態は40歳を超えてからも同じでした。

飲酒はかなりしていましたが、そのことでアル症になり
自分の体が大変になるという認識はまったくなかったのです。

私がアル症であると診断され、そのことを認知したのは
1回目の膵炎になってからでした。

42歳の時です。

膵炎とは大変な病気です。ひどくなると死に至るほどであります。

その膵炎を発症するまでアル症のことを知らなかったというのは、
自分が悪いということもありますが、あまりにも日本での酒害の
啓蒙が進んでいない。

そう言えると思います。

酒に関してですが、TVで酒を飲むシーンというのがありますが、
1回も注釈で「酒の飲みすぎはアルコール依存症になる恐れが
あります」といったものを見たことがありません。

だから、飲酒行為は快楽を得られるものであり、とても良いことだ。
といった間違った理解をしてしまうのだと思います。

法律ではアルコール健康障害対策基本法というのがありますが、
実際にアル症や酒害について何かをしているというのは
私が知る限りありません。

もっと日本は酒害やアル症について真剣に取り組むべき。
私はそう思います。


今日も1日酒を飲まない生き方をしていきます。

素面できちんとした判断ができる状態。
そのことを1日1日続けていこうと考えている次第です。


応援の程、よろしくお願いします。
にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

美女美女
2018年07月08日 18:19
断酒会を忘れてしまうのはちょっと恐いですね。
あ~ぁ行くのがちょっと面倒だナァーと言うのであれば、断酒の事を意識しているのだなと思いますが、断酒会を忘れていたとなると、そろそろ断酒継続の事を忘れはじめているように思います。
まずは初心に戻って一日一日断酒継続を心掛けましょう。
RE:美女美女さんへ
2018年07月09日 04:17
美女美女さん、おはようございます。

今回、確かに断酒会の例会を忘れてしまったのですが、私自身断酒の気持ちを緩めているつもりはありません。
どちらかというと、仕事の疲れで忘れてしまったというのが現実であります。

でも、初心を忘れないことは大切ですよね。今日も1日飲まないで過ごそうと思います。

コメントありがとうございました。
ヒロシ
2018年07月09日 08:38
テツさん、おはようございます。

現在アルコールに関しては完全に自己責任になっており、各々で認識し対処している現状ですね。

私もせめて勝手に入ってくるCMや中刷り広告だけでもタバコのように規制してほしいと思います。
RE:ヒロシさんへ
2018年07月09日 10:53
ヒロシさん、こんにちは。

そうですね。日本においてのアルコールに関する問題は、
ほぼ全てが自己責任という形をとってますね。
残念ながら、それが事実であります。

おっしゃるように、CMや中刷り広告など人目につきやすいものに関しては、煙草のように規制してほしいと私も思います。

コメントありがとうございました。

この記事へのトラックバック