仕方ないよね。でも、60歳までは生きたいな!

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今の日本の状況を考えると・・・

「酒に溺れるな!」という方が難しいことかと思います。

いつも言ってますが、

・飲酒行為は野放しの状態。
・24時間どこに行っても酒が買える。
・酒を飲みすぎた時の害については
 ほとんど知らされておらず、無知なことが多い。

私も酒に溺れていた時期、アルコール依存症がどんな病気
なのかなんて全く知りませんでした。

なので、酒を飲んで現実に戻るとまた酒で誤魔化す。
それを繰り返していたのです。

でも、「それでいい」と思っていました。
無知とは非常に怖いものです。

そして、アルコール依存症になって体を壊す。
そうなってから初めて、酒の怖さを知ったのであります。

今振り返ってみても、仕方がなかったと考えています。
だって、知らなかったのですから・・・

昔のことを悔やんでも仕方がありません。
大事なのは今なにをすべきかです。

もはや私、酒を飲むこともできない体となった今、
連続飲酒状態に入らないためにも断酒は必須です。

今月は病院で、すべての検査を行います。

膵臓はどうなっているのか?肝臓は普通に戻っているのか?
心配すればキリがないのであまり考えないようにしていますが、
出来れば良い結果であってほしいと思っています。

アルコール依存症で酒を飲み続けてた場合の平均寿命は、
だいたい52歳ぐらいと言われています。

一般の方の平均寿命が80歳くらいですから、およそ30年も
違うわけです。

やはり、酒の害というのは怖いものですよね。

私は客観的に見て、体の状態からあまり長生きできない
と考えています。

しかし、なんとか60歳は超えたいな!とは思っています。

60歳まであと14年。生きるには十分でしょう。
生涯断酒、なんとか進めていきたいものです。


今日も1日断酒で頑張ります。ご一緒に断酒をされている方も、
同じように良い1日を過ごしましょう。

毎日を普通に生きる。とても大事なことだと考えています。



応援いただければ嬉しい限りです。
こちらをポチっと押してください。


にほんブログ村

今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

この記事へのコメント

yamadagaga
2016年06月27日 07:12
お早うございます。
 人間誰でも死ぬのでしょうけど、60歳ではチト早いですね。
断酒会でも三つも四つも病気を持ってる人でも70,80の人はいくらでもいます。
養生さえすれば、案外いけるもんですよ。
野の百合
2016年06月27日 11:21
こんにちは。
テツさんは、若いんですね。
びっくりしました。

60なんて、手を伸ばせばすぐそこにある私は、びっくりです。

確かに、酒によって、体はぼろぼろになります。

でも、断酒によって、回復する部分は少なくありません。

お互い、希望をもちましょう。

断酒していれば、体は再生していくとしんじましょう。

RE:yamadagagaさんへ
2016年06月27日 18:30
yamadagagaさん、こんばんは。

そうですね。60歳はちょっと早いかもしれません。とりあえず、60歳は超えたいという願望があるような気がします。

やはり、75歳ぐらいにしておきましょうか。それぐらいなら妥当かと思います。

コメントありがとうございました。
RE:野の百合さんへ
2016年06月27日 18:37
野の百合さん、こんばんは。

私、あまり長生きすることに興味がないのですね。酒が原因でなければ、今でも人生終わらせていいと考えています(酒が原因ではイヤです)。

私は内臓がボロボロですので、いつまで生きれるかわかりません。でも、希望を失ってはいけないと思っています。

そうですね。断酒して体が再生するのを信じることにします。

コメントありがとうございました。

この記事へのトラックバック