抗酒剤について

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今日で、断酒開始169日目となります。

生涯断酒を目標にしていますが、まずは1日断酒を
きちんと続けていくこと。

そのことが、断酒継続には大切だと考える次第です。



さて今回は、抗酒剤について話をしようと思います。

抗酒剤には2種類あり、それはシアナマイドとノックビンです。
シアナマイドは無色透明の液体。ノックビンは帯黄色粉末
であります。

この抗酒剤は、飲酒欲求を抑えたり、酒を飲みたくなくなる
といった効能は原則持ち合わせていません。

ならば、何故断酒中に服用するのか?

それは、

抗酒剤を服用して酒(アルコール)を飲むと、
こういう反応が起こるからです。

シアナマイドでは、
・顔面紅潮、血圧低下、心悸亢進、呼吸困難、頭痛、悪心、
 嘔吐、めまい

ノックビンでは、
・呼吸困難、心悸亢進、顔面紅潮、悪心嘔吐、血圧低下、
 めまい、脱力、視力障害

という感じです。

私は病院からシアナマイドを処方されており、
1日1回朝食後に7mlを服用しています。

抗酒剤自体には、飲酒欲求を抑えたりする効果はないと
言いましたが、結果的には飲酒欲求を抑える効果がある
と思っています。

つまりどういうことかと言いますと、

抗酒剤を服用していれば、アルコールを飲んだら苦しくなる
ということが分かっているので、強い飲酒欲求に見舞われる
ことは少ないです。たとえ飲みたいと思っても、反応の苦しさ
を考えると酒に手を出す気にはなりません。
そのため、飲酒欲求に耐えてイライラすることもなく、比較的
気楽に断酒生活を送ることができる。

のであります。

副作用のことをよく言う人がいますが、抗酒剤自体は
副作用が少ない薬品です。

しかし、

ノックビンではまれに肝障害、精神病等の症状が出ることが。
シアナマイドでは、長期投与で肝細胞内にすりガラス様の
封入体が生じることがあります。

この抗酒剤、私は毎日服用することがとても大事だと思って
いますが、そういうことを否定して副作用が出ないにも関わらず
服用しない方が多く見受けられます。

その方たちがなぜ抗酒剤を服用しないかというと、どうやら2つの
タイプがに分かれるようです。

1つ目は、

そもそも酒をやめる気のない人です。入院中のように強制的に
服用させられるような場合には、いろいろの方法で服用したふりを
することが多い。

2つ目は、

断酒するために、抗酒剤はいらないと考えている人たちです。
AAや断酒会によく出席することによって、気楽に断酒ができており、
なにも抗酒剤に頼らなくてもと思うのです。

私は、抗酒剤をきちんと服用することが、断酒継続にはとても
重要だと考えています。

抗酒剤を服用していると、苦しいので酒は飲めません。
いわゆるこれが、再飲酒の防御策になっていると思っています。

しかし、抗酒剤を服用していないと、いつでも酒を飲めるわけです。
つまり、酒に対してまったく無防備な状態であると言えるでしょう。

抗酒剤。服用することで副作用などの問題がなければ、
必ず服用した方がいいと私は思います。

※抗酒剤の服用については、主治医とよく相談しながら使用する
  ことが大事です。



応援いただければ嬉しい限りです。
こちらをポチっと押してください。


にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

この記事へのコメント

美女美女
2016年05月29日 14:55
断酒継続良く頑張っていますね。

杭酒剤は飲酒をしないための防御策なのですね。体に影響がなく、アルコールを止められるのであれば杭酒剤を飲んで1日でも長く断酒していき、自身の体に不可がこないようにしてください。
RE:美女美女さんへ
2016年05月29日 15:08
美女美女さん、こんにちは。

ありがとうございます
一歩一歩進んでいきます。

抗酒剤は、断酒継続には欠かせない防御用薬品です。私は、抗酒剤を飲み忘れた日は不安でしょうがないです。何故なら、いつでも飲める状態になるのですから。

一応抗酒剤による副作用はないようです。これからも服用したいと考えています。

コメントありがとうございました。
Ken
2016年06月05日 05:12
テツさん

おはようございます。

残念なことに自分は、ノックビン→目眩と気持ち悪さが発生し、車の運転に支障が出たので断念、シアナマイド→身体の広範囲に亘って発疹し、痒くて眠れずに断念しました。
それで結局、今はレグテクトとその他の安定剤でなんとかやってる感じですね。

自分は抗酒剤もダメ、自助会も強い飲酒欲求を誘発するのでダメという、将棋で言う飛車角落ちのような状態でかなりキビシイですが、今後も創意工夫で生き延びていこうと思っています。

ちなみにうつ症状に関しては、ケーキやアイスクリームなどの甘い物の摂取を控えるようになってからは、やや安定してきました。
でも相変わらずブログは書けませんけど(@_@;)w

RE:Kenさんへ
2016年06月05日 05:39
Kenさん、おはようございます。

そうですか。シアナマイド、ノックビン共に、体質に合わないのですね。辛いところです。
抗酒剤を否定する方も多いですが、抗酒剤を服用すると完全防御がとれます。そういった意味で、抗酒剤が適合できるといいのですが。

自助会はダメです。あんなところは、嘘の塊です。表面上、傷をなめ合っているだけのグループだと思っています。特に最近は、断酒会よりもAAのほうが悪いと思い始めてきました。

厳しい状況ですが、人間の創意工夫は無限の力を持っています。ご一緒に、断酒を続けていきましょう!!

以前の記事で、鬱には砂糖が良くないと書かれてましたね。うつ病が安定してきたとのことで嬉しい限りです。ブログは、気長に待っています(^o^)/

コメントありがとうございました。

この記事へのトラックバック