断酒継続日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 再飲酒の危険性が最もある時とは。

<<   作成日時 : 2016/03/21 06:32   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 10

〜今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます〜


今日で、断酒開始をして100日目となります。
ようやく3桁までこぎつけました。

正直言うと、ほんと長く感じました。

しかし、この100日目もあくまでも通過点。
今後も引き続き、断酒継続していかねばなりません。

気を緩めず、強い意志を持って、これからも毎日1日断酒を
続けてまいります。



さて、これまでの再飲酒したことを振り返ると、再飲酒する時の
傾向というものが見えてきます。

飲酒願望というのがあります。そして、飲酒欲求があります。

しかし、飲酒願望や飲酒欲求で苦しんでいる時は、
意外に再飲酒することはないのですね。

何故か?

飲酒欲求で苦しんでいる時は、「決して酒を飲んではいけない」
という気持ちがあるためです。

本当に危険な時というのは、

『突然遭遇するアクシデントやトラブルが起きた時』

なのであります。

突然のアクシデントやトラブルは、予期せぬものです。

なので、その困難にどう対処したらいいか判断がつかない
ことが多いです。

そして、そういう局面に遭遇した時、なぜかふっと酒のことが
頭に浮かんでくる。

その時に我慢できず、現実から逃げてしまってはいけません。
今まで頑張ってきたことが、元の木阿弥となります。

なので、

グッと我慢をし、そういう時こそ「決して酒だけは飲まないぞ!」
という気持ちが必要となってきます。

私はここ最近、ある悩みを抱えていました。
その悩みでかなり強い不安に襲われ、「酒に逃げてしまおうか!」
と思ったことは否定できません。

しかしです。

悩みから楽になろうと再飲酒しても、なにも問題は解決しません。
必要なのは常に素面で冷静に、かつ理性的な判断力なのです。

そのような判断力は、飲酒していては備わりません。

つまり、

『最大の悩みや困難に遭遇した時こそ、酒を飲まないこと』

が大切になってくるのであります。

では、そういう時になにが大事なのかと言いますと、
やはり、「絶対に酒を飲まないという強い意志を常に持っていること」

だと思います。

そして、自分なりの再飲酒しない「防御策」というのが必要でしょう。


今日もこれから、抗酒剤を服用します。

断酒の誓いもいたします。

そうやって、今日も1日飲まずに素面で過ごそうと考えています。


応援いただければ嬉しい限りです。
こちらをポチっと押してください。


にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

断酒100日達成おめでとうございます。
通過点とおっしゃっても
ここまで本当に大変な努力してこられたと思います。

本日のお話、私も忘れないでいたいと思いました。
頭の中にいつもある悩みや不安よりも
突発的なトラブルや予測不能のアクシデントの方が
手強い敵だということですよね。
とても参考になるお話ありがとうございました。

テツさんもお身体に気をつけて
これからも断酒を続けてくださいね。
erisavins
2016/03/21 10:01
erisavinsさん、おはようございます。

ありがとうございます<m(__)m>
なんとか100日目までこぎつけました。やはり辛かったのは、1ヶ月くらいまでだったでしょうか。心身がとても安定していなかった気がします。

スリップする傾向は、人それぞれだと思います。なので、今回の記事は、私の体験をもとにして書いたものです。
どうやら再飲酒するというのは、いつもある悩みや不安よりも、突発的なアクシデントやトラブルによって起こることが多い気がします。やはり急なことだと、心が動転してよい判断ができなくなるのではないか?と考えております。

ありがとうございます<m(__)m>
erisavinsさんもお体には十分お気を付けになり、充実した毎日をお過ごしください。

コメントありがとうございました。
RE:erisavinsさんへ
2016/03/21 10:18
断酒継続100日目、おめでとうございます。🙌
良く耐えましたね。確かに突発的な出来事の場合、心構えが違いますよね。
これからも断酒継続頑張って下さい。そして依存性の方々の力になって下さい。
美女美女
2016/03/21 20:36
美女美女さん、こんばんは。

ありがとうございます<m(__)m>
ようやく100日目まできました。再飲酒したことが、はるか昔のことのように思えます。
しかし、油断は大敵です。明日からもしっかり、1日断酒を続けていきます。

私にはなにもできませんが、このブログを読まれたアル症の方やその家族の方の為になればいいな、とはいつも思っています。

コメントありがとうございました。
RE:美女美女さんへ
2016/03/21 21:02
100日、おめでとうございます。

今度も少しずつ少しずつ欲求が薄れていくと思います。

油断は「もう治っただろう」という感違いの気持ちです。

不治の病と心から思っているテツさんならきっと大丈夫ですよ。
ヒロシ
2016/03/22 19:28
ヒロシさん、こんばんは。

ありがとうございます<m(__)m>
なんとか100日を超えました。でも、油断は禁物です。これからも、1日1日断酒を続けていきます。

アルコール依存症は、回復はあっても治ることはありません。発症すると、一生付き合っていかなければいけない病気です。そのところは、十分理解しているつもりであります。

これからも再飲酒することなく、素面で毎日を過ごしていこうと考えています。

コメントありがとうございました。
RE:ヒロシさんへ
2016/03/22 21:32
テツさんこんばんは。お久しぶりです。
私も何とか断酒を続けていますが、ふとした時に飲みたいと感じてしまう事があります。
そういう時には、このブログで学んだ酒が毒であり、身体と精神にいかに悪影響を及ぼすかという事を思い出し踏みとどまれます。
私は今回が初めての断酒ですが、このブログがなければ100日断酒など不可能だったと思います。油断せずにこれからも、1日1日頑張っていきましょう。
ryo
2016/03/22 22:33
ryoさん、おはようございます。

お久しぶりです。断酒100日を超えたのこと、おめでとうございます。初めての断酒においては、なかなか断酒継続が難しい中、素晴らしいことだと思います。

お書きになられているように、アルコール依存症の人間にとって、酒はもはや毒物です。飲み続けると、本当に体と精神が蝕まれていきます。

これからもご一緒に、1日1日断酒を続けていきましょう。

コメントありがとうございました。
RE:ryoさんへ
2016/03/23 09:27
元々はふくうつおさんのブログの読者でしたが最近また入院したのかと心配です。僕はアルコール依存症というより鬱病が酷いタイプですがアルコールは鬱を悪化させるので十分気を付けてます。酒やタバコに罪悪感持ってしまうタイプですが時々やっちゃいますね。ただ二日酔いでゲロゲロで飲酒は絶対無理です。多くの人が勘違いしていますが酒やタバコの方が抗酒剤や精神薬より有害性が実は高いのです。また多くの人の口癖で毎日仕事に行っているのに酒やタバコをやって何が悪い?よくありますよね。こうゆう人達は危険です。罪悪感が無いから。自分もブログやってますのでこんどリンク貼ります。
棚珍です初めまして
2016/03/26 11:14
棚珍さん、こんにちは。

少々調子が悪いのですが、入院はしておりません。ご心配いただき、ありがとうございます<m(__)m>

鬱の時には、どうしてもアルコールに逃げようという気持ちがわいてきますよね。でも、お書きになられているように、それをしても症状は悪化するだけです。さらに、うつ病患者は抗うつ剤を服用していることが多いですから、なおさら飲酒は避けたほうがいいですよね(私もうつ病持ちです)。

適正飲酒や機会飲酒をされている方はいいですが、仕事をしていても習慣飲酒するようになると危険です。段々耐性が強くなり、飲酒量も増えていきます。

ウェブリブログは、コメントでリンクできないので申し訳ありません。また、棚珍さんのブログをご紹介ください。

コメントありがとうございました。
RE:棚珍さんへ
2016/03/26 11:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
再飲酒の危険性が最もある時とは。 断酒継続日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる