飲酒することで家族を失うことも、自己責任である

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


今日で、断酒を開始して97日目となります。
100日まであと3日です。

さて、この97日は長かったか短かったか?

正直なところ、長かったです。

毎日一歩ずつ進んでいますので仕方がないですが、
やはり断酒の道は険しいものです。

では、一番辛かったのはいつか?と言うと、

やはり、断酒を開始して1週間までだったと思います。

離脱症状に苦しみ、心身的にも安定しない。
「飲んでしまった方が楽かも・・・」

などという気持ちがわいたことは否定できません。


いろんな方のブログや書籍などを見ても、やはり断酒1週間までに
再飲酒される方が多いようです。

また、「酒を止めるぞ!」と家族に言って断酒を始めるも、
3日も経たずに酒に手を出される方もおられるでしょう。

アルコール依存症者を家族にお持ちの方が、このブログを
閲覧されていることもあると思いますが、酒を止めることとは
本当に難しいことです。

『生活(家族)のために酒を止めて!』

『もうこれ以上は一緒に暮らせない!』

というお気持ちになったご家族の方も、おられることだと思います。

でも、どんなに強く酒を止めるように言っても、そうならないことが
多いのが現状だと思います。

何故か?

それは、

『酒を止めるのは飲酒者しかできない』

そして、

『自分の置かれた現状に、自ら気付かなければならない』

からであります。


私がまだ自助会に身を置いていた時、既婚者(子供もいる)だった方で、
酒が原因で家族を失われた方がたくさんおられました。

その方たちが一応に言うのが、

『家族を失ってから、それが大切だと気付いた』

『もう少し早くに気付いて酒を止めていればよかった』

ということです。

アルコール依存症者にも人生はありますが、
ご家族の方にも当然人生というものがあります。

なので、

『もうどうしようもない。このままでは、自分の人生がメチャクチャになる』

そう判断した時は、アルコール依存症者を見捨てる覚悟も
必要かと思います。

共依存の関係はよくありません。家族とは、相互依存の関係で
なければいけないのです。


今回書いたことは、自分自身にも言い聞かせていることです。

『飲酒することも自己責任』

しかし、

『飲酒することで家族を失うことも自己責任』

なのです。

私も含め、アルコール依存症者は、そのところをよく理解しなければ
いけないと思う次第です。


応援いただければ嬉しい限りです。
こちらをポチっと押してください。


にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

この記事へのコメント

美女美女
2016年03月18日 22:31
テツさん、断酒継続97日目良く頑張っていますね。途中少し飲んじゃおうかな?と思った事が何度もあったかと思いますが良く耐えましたね。貴方は偉いです。
貴方に人生があるように家族にも人生があります。お互いが助け合い思いあって幸せになって下さいね。
RE:美女美女さんへ
2016年03月18日 22:45
美女美女さん、こんばんは。

ありがとうございます
毎日断酒を続け、一歩一歩進んでまいります。

私は幸いにも現在妻がいますが、飲酒時代には非常に危ない時期が多々ありました。今回の記事はその頃を思い出し、再認識する形で書いたものです。大切なものを失ってからでは遅いのです。そのことをきちんと理解した上で、断酒を継続していこうと考えております。

コメントありがとうございました。
yamadagaga
2016年03月19日 09:53
おはようございます。
 断酒初期を自力で乗り切れたことは素晴らしいです。
そうそう出来ることではなく、大半はその時が楽なほうに走っており這い上がることが出来ていません。
 家族を失くした方が実に多いです。
伴侶や子供にすれば、過ぎ去った人生を返せということになります。
人生の後半を、コンビニ弁当や半額弁当をあさるのは惨めです。
なにより生きている意味が見い出せません。
一日断酒は一日断酒でしかないですね。
一歩一歩、また一歩です。
RE:yamadagagaさんへ
2016年03月19日 10:23
yamadagagaさん、おはようございます。

ありがとうございます
9ヶ月断酒をして再飲酒した時は、かなりショックでした。そして連続飲酒。「もう二度とあそこには戻りたくない」、という気持ちで1日1日歩んできました。

家族を失くされた方は非常に多いです。確かにアル症の立場からすると、「なんで見捨てたんだ!」という気持ちになるでしょう。しかし、酒害で苦しまれたご家族の方の人生を考えると、仕方がない部分があると思います。本当に酒とは、人生を狂わせる薬物ですね。

おっしゃられる通りです。一歩一歩、また一歩でいくしか方法はないですね。

コメントありがとうございました。
ぴろりん
2016年03月20日 16:11
テツさん、こんにちは。
今日で断酒99日目ですか?おめでとうございます!

『飲酒することも自己責任』
『飲酒することで家族を失うことも自己責任』
なるほどと思いました。深い意味がありますね。
ありがとうございました。

RE:ぴろりんさんへ
2016年03月20日 18:08
ぴろりんさん、こんばんは。

ありがとうございます
今日で99日目、明日で100日となります。あくまでも通過点にすぎませんが、節目は大事なものです。自信にもつながりますからね。

アル症や酒害体験者の多くは、起きてしまった出来事を他人のせいにしたがる傾向にあります。でも、飲酒行動をとったのは、まぎれもなく自分自身なのです。なので、飲酒することで大切な家族を失うのも、すべて自己責任なのですね。このところは、私も十分に理解しなければいけないと考えている次第です。

コメントありがとうございました。
豆大福
2016年03月21日 00:28
テツさん、今晩はです。

後3日、よくぞ辛坊されました。
再飲酒後の断酒は、容易に出来るものではありません。

本当によく乗り越えられたと思います。

お互いに次はありません、少なくとも私はもう一度断酒する気力は残っておりません。

今回が最後の断酒と思い、ともにこれからも頑張りましょう。

「待てば海路の日和あり。」です。
(^-^)/
RE:豆大福さんへ
2016年03月21日 02:29
豆大福さん、こんばんは。

ありがとうございます
今日で100日目となります。ようやく3桁までこぎつけました。簡単に記事を書いていましたが、断酒継続はかなりきつかったのが現実であります。

そうですね、次はないです。今回の断酒を最後にしなければ、私の体はもちません。そして、あの断酒初期の辛さをもう一度!と考えると、もうその気力はないと言ってもいいかもしれません。

今後もかなり強い意志をもって、断酒継続に臨もうと思っております。

「待てば海路の日和あり」。ほんとうです。焦らずに毎日一歩ずつ歩んでいけば、きっとその先にはいいことが待っていることでしょう。

コメントありがとうございました。
てぶくろ禁酒
2016年03月22日 23:21
今年の三月二十日からブログを見させて頂き、最初の記事から全部読ませて頂きました。
私も断酒を始めたのですが、テツさんの記事に凄く勇気づけられる言葉がたくさんあり、テツさんのことをかってながらも応援しております。

私もテツさんの様に強い意思をもって戦っていきたいと思います
RE:てぶくろ禁酒さんへ
2016年03月23日 09:44
てぶくろ禁酒さん、おはようございます。

初めまして。ようこそお越しくださいました。
ブログの記事も全部読んでいただき、恐縮の限りであります。

断酒を始められたのですね。応援いたします。断酒継続にはある程度の知識が必要です。私ごときで恐縮ですが、私が知っていることは記事内に書いていこうと考えております。

ご一緒に、強い意志をもって断酒継続していきましょう。

コメントありがとうございました。

この記事へのトラックバック