飲酒時代を振り返って・・・ PartⅡ

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


(前回の記事からの続きとなります)

アルコール依存症と診断されて病院を退院した私は、
退院後もなんの躊躇もなく酒を飲み続けました。

飲酒量も以前と変わることなく・・・

今思うとこの時、きちんとアルコール依存症と向き合って
断酒していれば、と非常に悔やまれます。



そして、今から4年前となりますが、

私が大量飲酒をしていた時、突然腹が痛くなりました。

腹の痛さは尋常ではなく、もだえ苦しむような感じです。

私は、近くにある総合病院に妻に連れられて行きました。

いろいろ検査したのですが、その結果の診断は
膵炎(すいえん)ということで即入院。

しかし、腹の痛みはまったく治まる気配がありません。

それから私は3日間、痛みに苦しめられることとなります。

そうして1週間ちょっと入院をして退院となった時に、
医者(外科医)からこう言われました。

『酒は絶対に止めてください。そうしないと大変なことに
 なりますよ』

と。

私はもうあんな痛みに苦しめられるのはご免だと思い、
断酒を決意しました。

しかし、1週間も経たずに私は膵炎のことを忘れてしまい、
また飲酒を再開することになるのです。

『あまりにも馬鹿であった』

そう今では思いますが、その当時はまったく自分の置かれた
状況を把握していませんでした。

結果、その後2年間で合計4回の膵炎を発症して入院
することとなります。

3回目の時は、臨死体験をすることに。

そして4回目の時は、医者からこう告げられました。

『あなたの膵臓は、もうほとんど機能していません。
 このままいったら確実に死にますよ』

と。

ここまでいった私は、さすがに自分の置かれた状況を理解
しました。

『このままいったら大変なことになる。死んでしまうぞ』

と。

それが3年前の冬のことでした。

しかし、私の体は予想以上に悪くなっていました。

膵臓が機能しなくなったことにより膵臓からインスリンが分泌
されなくなって、重度の糖尿病となったのです。

そして、今でも原因がわからないのですが、3ヶ月で20kgも
激やせしました。



4回目の膵炎を発症して退院した私は、さすがに真剣に
断酒することとなります。

しかし、断酒はそう簡単なことではありません。

それからも、

断酒⇒再飲酒⇒断酒⇒再飲酒

を繰り返しました。

もうどうすることできないと考えた私は、自助会にすがりました。

断酒会、そしてAAと・・・

しかし、以前の記事でも書きましたが、どうしても自助会の
考え方やシステムに合わなかった私は、どちらも脱会する
ことに。
(この脱会に関しては、今も後悔はしていません)

でも、その頃にはアルコール依存症がどのような病気なのか、
また断酒とはどういうものかなどの知識は増えていました。

そして、昨年の3月7日から約9ヶ月断酒継続をしましたが、
12月7日にまた再飲酒してしまいました。

しかし、「これが最後の断酒だ!」と決意し、12月13日から
今日まで断酒を続けています。


いろいろあった私ですが、断酒できなかった頃の自分を
振りかえるとこれだけは言えると思います。

『非常に無知であった。しかし、アルコールという薬物が
 どれほど恐いものかが嫌っていうほどわかった』

と。


長文となりましたが、ここまで閲覧頂きありがとうございました。

この記事を閲覧されている方で現在酒害で苦しまれている、
またアルコール依存症で断酒しようか迷っている、などを
思いの方は、早く断酒を決意されるよう願います。

体(内臓)を壊してからでは遅いのです。

そうなる前に酒との縁を切りましょう。



応援いただければ嬉しい限りです。
こちらをポチっと押してください。
↓ 

にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント

美女美女
2016年01月07日 17:54
余りにも凄すぎます。
当のご本人が「あの時に止めていれば」と仰いますが、ご自身今だから言えることであってその時は自分自身でもどうにもならなかったのですよね。
今からが始まりですね。断酒継続頑張りましょう。
kamo
2016年01月07日 19:20
テツさん。
こんばんは、 ほんまに、知らぬ間に、落ちて行きますよね!私は本当に綱渡りと思います。
RE:美女美女さんへ
2016年01月07日 21:00
美女美女さん、こんばんは。

自分の飲酒時代を振り返ってみると、何度も断酒しなければならない時があったことがわかります。でも、できなかったのです。

これからでも間に合います。断酒継続していきますね。

コメントありがとうございました。
RE:kamoさんへ
2016年01月07日 21:05
kamoさん、こんばんは。

知らぬ間に、徐々に病気は進行していきます。そして、いつの間にか元に戻らないようになっているのですね。

今なら全然間に合います。断酒していきましょう。

コメントありがとうございました。

yamadagaga
2016年01月08日 20:29
こんばんは。
 壮絶な経緯ですね。
大変な思いをされた事でしょうけど、見捨てなかった奥様も凄いです。
RE:yamadagagaさんへ
2016年01月08日 20:54
yamadagagaさん、こんばんは。

こうやって飲酒時代を振り返ると、何回も酒を断つチャンスがあったわけですが、そのチャンスを棒に振ってきたことになります。現在こうなったのは、本当に自業自得だと思います。

おっしゃられる通りです。妻には散々苦労をかけてしまいましたので、今は感謝の気持ちでいっぱいです。大切にしたいと思っています。

コメントありがとうございました。

この記事へのトラックバック