自助会なんていらない

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


私はアルコール依存症になってから、自助会と呼ばれる
団体2つに入会しました。

しかし、どちらも脱会しました。

まず最初に入会したのは断酒会です。

この中では、後でお話しするAAと同じく、自分の過去の
ひどかった酒害体験を話します。

それはいいのですが、私が入った地域団体というのは、
断酒どころか公認で隠れ酒を許していたのです。

会長自らがそれをしていました。

そのことを、県の副会長に言うと、
『いや、絶対に飲んでいない』
の一点張り。

『何言ってんの。本人が飲んでいると言ってんだから・・・』

とそう思い、会を後にしました。


その後に入会したのはAAです。

ここは意外に厄介なところです。

一言でいうと、一般常識とAAでの常識が違うのです。

これは、私にとっては受け入れ難いことでした。

そして、私がAAを退会しようと決意したこととは、
スリップ(再飲酒)して例会にやってきた方に、
励ましの言葉一つかけなかったことです。
(ちなみに私は、「一緒にがんばりましょう」と声をかけました)

そのことに疑問を持った私は、リーダーや先輩(先ゆく人とAAでは言う)
たちに、

『なんで〇〇さんに声をかけなかったのですか?』

と尋ねたところ、返ってきた言葉が、

・どう話ししていいかわからない
・AAの例会はそういうものではない
そして、
・なにか話してAAに来なくなっては困る

であったのです。

私も少し言い合いになりましたが、らちが明かないので止めました。
同時にAA自体もやめた次第であります。

それ以外にもAAに関しては疑問点がたくさんあるのですが、
長くなるので割愛させていただきます。


そういうわけで私は、自助会に頼らず断酒を続けていくつもりです。
それは必ずできるはずだ!と思っています。



にほんブログ村



今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ぴろりん
2015年12月17日 08:49
テツさん、初めまして。(笑)
精神科の保護室に私も一度入ったことがあります。
20歳そこそこで、学生実習の2日目くらいでしたか。患者さんの血圧を測りに行きました。入っている患者さんは、拍子抜けするくらい普通の方でしたが、あの部屋は寂しすぎですね。保護室は患者さん自身を守るための部屋でもあると学びましたが、外部と遮断されて、飲みたい水分も取らせてもらえないなんてひどいですね。

過去4回の膵炎、相当な痛みだったと思います。インスリン治療もしてらっしゃるのでしょうか。あれは、わずらわしく大変ですよね。

テツさん、1日断酒一緒にがんばりましょう!^_-☆。
RE:ぴろりんさんへ
2015年12月17日 09:05
ぴろりんさん、おはようございます。

保護室嫌です。私は今まで2つの病院で保護室に入りました。ここ群馬(数年前)の保護室はまだましでしたが、30代の時に東海圏の精神科の保護室に入った時は悲惨でした。電気は1日中真っ暗。さらに壁をめくるとウジ虫のような変な虫がいっぱい。さらに、食事にはゴキブリが入っていました。あれは、人間が入るところではないです。

膵炎痛かったです。あまりにも痛くて、モルヒネを打ってもらいました。インスリン注射もしています。1日4回です。わずらわしい限りです(>_<)

ありがとうございます
やはり基本は1日断酒ですよね。今日1日、断酒に励みます。

コメントありがとうございました。
ぴろりん
2015年12月17日 09:21
昔の精神科医療はひどかったとよく聞きますが…。
まだそんなひどい保護室があるんですね。

幻視のある方が入られたら、リアルに壁の中にウジ虫や食事の中のゴキブリ?を見たら、幻視なんだか現実の虫だか分からなくなってしまいそうです。
幻視がない方が、それを見たら…かえって病状が悪化すること必至ですね。

すみません。虫の話に驚いてしまいました。

素面だとインスリンも少しラクにできますよね。
昔、患者さんにインスリンの使い方の説明をしたことがありますが、私みたいな酒飲みには、インスリンは使えないと実感しました。(笑)

では長文すみません。
RE:ぴろりんさんへ
2015年12月17日 09:38
あの保護室は、あまりにもひどかったです。でも、そんな昔ではないのですよ。約8年前のことです。

私の見たウジ虫は、確かに実物のものでした。幻視ではありません(^-^;ゴキブリも本物です。看護師に確かめてもらいましたから。

再飲酒している時は、インスリンを注射するという気がおこりません。なので、血糖値はかなり上がっていたことでしょう。でも、断酒して素面の状態になったら、きちんと打っています。やはり、健康第一ですから。

コメントありがとうございました。
美女美女
2015年12月18日 23:10
幻覚ではなく実際の虫は考えられませんね。食事の中に入っている?入れられている?恐いことです。

自助会はいったい何の集まりなのでしょうね。同じ経験をしている仲間ではないのでしょうか?
困っている人がいるのだから助けるべきではないでしょうか?手を差し伸べるべきではないでしょうか?
考えられない人達ですね。
RE:美女美女さんへ
2015年12月19日 11:00
美女美女さん、こんにちは。

あの保護室は考えられなかったですね。実際に壁のクロスをはがすと、ウジ虫がうじゃうじゃいたのですから。

私にとって自助会は、傷のなめ合いをしている集団と理解しています。しかし、本文にも書いたように、本当に辛い時(スリップした時)はなにも助けないのです。
信じられませんね。私が体験した自助会の本来の悪い姿に関しては、また記事にします。

コメントありがとうございました。

この記事へのトラックバック