アルコール依存症者の家庭と社会への影響

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


体調が、だいぶ良くなってきました。

昨日通院して、胃腸用の薬をもらってきたおかげかも
しれません。

やはり、薬に頼るしかありませんね。



さて今回は、アルコール依存症者による家庭や社会への
影響の話です。

一人のアルコール依存症者のまわりには、数人の酒を飲まない
病人が出ると言われています。
人間関係を破壊しながら進行していくのが、この病気の特徴
なのです。

家庭のほうに目を向けると・・・

家庭の大切な機能は二つあると言われています。

一つは、家族に心身の休息を与えること。
二つは、次世代を担う子供を社会人として育てること

です。

しかし、アルコール依存症者がその家の主たる立場であった場合、
この二つを機能させることは非常に難しいです。

家庭ばかりではありません。社会的に段々信用がなくなってきます。

・職場での問題
・警察問題
・友人との関係
・近所づきあい

これらが失われていくのです。


アルコール依存症は、家族全体を冒していく病気です。

なので、自分がどれだけ家族を苦しめてきたかをよく考えることが
必要です。

そして、家庭崩壊になる前に早く治療(断酒)をすること。

そうしなければ、悲惨な人生が待っていることでしょう。



今日は断酒開始11日目です。あいもかわらずですが、1日断酒を頑張ります。

まずは、この記事をアップしたら抗酒剤を飲むことから始めようと思います。



にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ぴろりん
2015年12月23日 10:02
テツさん、おはようございます。
家族に与える影響は大きいですよね。
『一人のアルコール依存症者のまわりには、数人の酒を飲まない病人が出る。』
これは確かに…。
酒を飲んでいる自分が、周りの大切な人の心をむしばみますよね。特に配偶者、子供たちは辛い寂しい思いをしているはずです。

今日も色々考えさせられました。
どうもありがとうございます。
RE:ぴろりんさんへ
2015年12月23日 10:16
ぴろりんさん、おはようございます。

アルコール依存症者の家族に与える影響は大きいです。
『地獄を見たけりゃ、アルコール依存症者がいる家族を見よ!』などと言いますが、本当だと思います。

早く、家族のことや周りの方のことを思いやる気持ちを持たなければいけませんね。

今日も1日断酒、頑張りましょう!!

コメントありがとうございました。
ryo
2015年12月23日 11:48
こんにちは。
私が断酒を続けられているのも、家族の支えがあってこそです。このまま断酒を続けて恩返しをしましょう。今日も1日断酒を頑張りましょう!
RE:ryoさんへ
2015年12月23日 11:58
ryoさん、こんにちは。

家族の支え、とても大切です。そして、恩返しをしようという考え方はとても素晴らしいです。

今日も1日断酒、頑張りましょう!!

コメントありがとうございました。
美女美女
2015年12月23日 16:46
断酒11日目ご苦労様です。
まだまだ安定期に入るには時間が掛かりますかね。
体調は少しは良くなりましたか?

毎日、まだまだ辛い日が続くかもしれませんが頑張ってくださいね。
家庭もお大事に来年は良い年になられますように祈っております。
RE:美女美女さんへ
2015年12月23日 17:54
美女美女さん、こんばんは。

なんとか11日目を乗り切れそうです。
安定期は、まだまだ先の話となります。

体調のほうはだいぶ良くなりました。
離脱症状からも、ようやく抜け出れたかもしれないという気がしています。

ありがとうございます
断酒頑張りますね。断酒を継続し、来年は良い年にしたいと思っています。

コメントありがとうございました。

この記事へのトラックバック