「底付き」を忘れない

~今回もブログにアクセスいただき、ありがとうございます~


アルコール依存症の方が断酒をする時、何を理由に
始めるでしょう。

・今の生活を失いたくない
・これ以上体を悪くしたくない
・失職したくない

などいろいろあるでしょう。

そういう理由にぶつかった時のことを、「底付き(体験)」と言います。

しかしです。

あまりにもスリップ(再飲酒)を繰り返していくと、
この「底付き」がなくなっていきます。

・もうどうなってもいいいや
・死んだって構やしない

など、段々精神がすさんんでいきます。

今回の私の断酒は、「底付き」がありませんでした。

強いて言えば、「もうこんな辛い状態から脱したい!」
という気持ちだったでしょう。


「底付き」は、断酒を継続するにあたってとても大事です。

そしてもっと大事なのは、その「底を付いた」経験や感情を
忘れないことです。

『もうこれ以上堕ちたくない』
という気持ちを強く持っていたほうが、断酒継続し易くなるのは
当然のことです。



私もそうですが、このブログをご覧になられている方も、
もうこれ以上堕ちないでいきましょう。

『これが最後の断酒だ!』
そう強い意志と信念をもって、今の断酒に励みましょう。

そうすれば、必ずやいいことがやってくるはずです。

頑張りましょう!!



にほんブログ村


今回は以上です。 閲覧ありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ぴろりん
2015年12月21日 13:39
以前、連続飲酒をしていて、私は、ここでこれ以上堕ちたら、なんてみじめな人生なんだ…。と、思った時を思い出しました。

『もうこれ以上堕ちたくない』
という気持ちを強く持っていたほうが、断酒継続し易くなるのは当然のことです。

テツさんの言われる通りです。周りの人間を悲しませないため、そしてなにより自分のために今日も断酒でいきます。
どうもありがとうございました。

RE:ぴろりんさんへ
2015年12月21日 14:18
ぴろりんさん、こんにちは。

連続飲酒、辛いですよね。そして、みじめなんですよね。
私も同じく、あのひどい時を思い出しました。

断酒をするのは、自分が助かりたいだけではありません。家族など周りの人間を幸せにするためにも断酒するのです。

今日も1日、断酒でいきましょう!!

コメントありがとうございました。
ryo
2015年12月21日 17:36
私も死にたいと思っていましたが、こんな奴でも、応援してくれている人が居ることに気づかされ、断酒を決意しました。あの時の気持ちを忘れなければ、飲みたいなんて思わないでしょう。大切な人のためにも、皆さん一緒に頑張りましょう!
RE:ryoさんへ
2015年12月21日 17:51
ryoさん、こんばんは。

応援してくれる人がいる限り、また失うものがある限り、まだどん底ではありません。私の主治医がよく言いますが、人はどん底になると死ぬのだそうです。

ryoさんはまだまだ大丈夫です。どん底ではありません。でも、あの時の気持ちは忘れないでいきましょう。

頑張りましょうね!!

コメントありがとうございました。
美女美女
2015年12月23日 00:19
底付き経験をされたのであれば、もうそれ以上先に行ってはいけません。
そこが最後だと思い断酒継続頑張ってください。
RE:美女美女さんへ
2015年12月23日 00:37
美女美女さん、こんばんは。

底付き体験をしてもなお飲酒をするならば、その先にあるのは死のみです。

今回は最後の断酒だと思い、頑張ろうと考えています。

コメントありがとうございました。

この記事へのトラックバック